News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信3月25日号 -カッコいいオトナ-

更新日:2020.3.25

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上夏花です。

先日、このメルマガでご紹介した、
上原成商事の採用担当・松永さんにお会いしてきました。

Twitterで「東京行きます!」とツイートされた松永さんに
会いたい!という、いろんな方が集まり、人事や採用について
熱く語り合う時間でした。
つい三週間前に松永さんを知り、
まさかこんなにも早くお会い
できるとは思っていなかったので、とってもワクワクしながら参加しました。

松永さんは、動画と同じく軽快なテンポで話され、知識量も圧倒的
どんなことでも、必ずご自身の意見をお持ちで、
それを端的にわかりやすくお話しなさる方でした。

お話しを聞く中で印象的だったのは、
「とにかく何事も全力でする」ことを心がけてらっしゃることでした。

例えば、採用担当として、合格不合格関わらず、
1000文字以上のフィードバックメールを送ること。
経営者に「自社の採用が厳しい」ことを伝えるために、
採用がうまくいった次年度、あえて辞退率を90%にして
危機感をもってもらったこと。

結婚式の二次会の司会をやる場合も、
必ず来た人全員が歓迎されているように感じる場づくりを
徹底してやること。
ビンゴゲーム(という雰囲気がだれる可能性の高いコンテンツ)では、
最大限盛り上がる流れをつくること。

「自分のためにするんじゃなくて、コミットメントのためにするのがプロ」。

そう話されたとき、カッコいいオトナがここにいる!と感じました

就活が学生にとって、「ネガティブなもの」になっているのは、
「カッコいいオトナ」に会ったことがないからだと思います。
そして、こういった「カッコいいオトナ」が世の中にいることを、
私たち社会人が伝えきれていないことも原因だと思いました。

3月に入って、軒並み中止を余儀なくされた就活イベントや学内合説。
主催者のみなさまは、本当に苦渋の決断をなさったと思いますし、
出展予定のみなさまは、学生とのコミュニケーションを
どのようにすればよいか、ということで悩まれているのでは、と思います。

そんな中、私がベトナム研修でもお世話になった
学習院大学のキャリアセンターでは、
ベトナム研修に参加した学生を有志で集めて、
改めて「自己分析」や「面接」についての講義や個別相談会を
開いたりなさっています。

「コロナだから、といって、何もしないんじゃなくて、
学生側に立って動かないとキャリアセンターじゃない。
常に学生の声を聴き続けるんだよ」。

キャリア支援・教育のプロでいらっしゃるある方は、
Zoomアプリで、誰でも参加できる就活相談会を開催されています。

「こんな状況だからこそ、アイデアをプランにし、
知恵を共有すれば、楽しい展開にしてゆける」。

社会に飛び出ることを不安に思う、就活生のみなさんへ。
社会には、カッコいいオトナが、こんなにもいる。
そして、そのカッコいいオトナは、あなたと出会うことを
心から楽しみにしている。
まだ見ぬ世界へ行くことは、辛くて、楽しくて、カッコいいことなんだ。

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U  ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、おススメページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃【4月8日(水)】WEBにて開催!
┃ ┃採用力検定(R)公式テキスト出版記念/特別無料セミナー
┃ ┃採用力アップにつながる「採用の新常識」
┃ ┃https://www.puff.co.jp/seminars/seminarkugisaki/
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【第12回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
┃ ┃「株式会社パフのアウトプット大全」
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、おススメページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。

より多くのパフ社員の素顔をお届けしたく、カカ的おススメブログ
ご紹介します。

■『社会人になって分かったこと』(岡崎)
まもなく社会人2年目になるハスミンの心の中が垣間見えるブログです。
「1年経ってこう思えたことは、2年目からの自分に少し勇気を
与えてくれる気がしました」。この一年が次の一年につながるという感覚。
とっても大切だと思います。
ハスミン、2年目が終わるころには、これが確信に変わるから、
楽しみにしていてね。
https://blog.shokucircle.jp/staff/2020/03/16/11022

■『春から大学生』(里見)
ハスミンの同期・サトミンの弟への想いとそこから
見えた自分自身についてつづられています。
自分の思いを家族や子供に押し付けてしまう。
でも、これは愛情や自分の経験に基づいたものだから・・・。
サトミンの中の葛藤が、自分自身を振り返るきっかけになっているようです。
https://blog.shokucircle.jp/staff/2020/03/17/11029

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 【4月8日(水)】WEBにて開催!
採用力検定(R)公式テキスト出版記念/特別無料セミナー
採用力アップにつながる「採用の新常識」
https://www.puff.co.jp/seminars/seminarkugisaki/
――――――――――――――――――――――――――――――――
「採用」は企業経営において非常に重要な仕事のひとつです。
その採用成功に必要な採用担当者の「採用力」。

今回は、「採用力」を向上させるために必要な17要素を
「採用力チェックシート」と「採用力検定試験の例題」を
使いながら理解を深める講座を開催いたします。

3月16日にも開催し、大盛況の中、終了した本講座。
すぐに取り組める採用業務の改善向けたヒントや、
これから採用業務を担当するにあたり何を勉強すれば
よいのかのポイントなどが満載です。

講師は(一社)日本採用力検定協会・代表理事を務める
弊社社長の釘崎が担当いたします。
採用力検定(R)公式テキスト出版記念として、
無料での開催となりますので、皆さま奮ってご参加ください!

・日時:
2020年04月08日(水)15:00~16:30
※時間が変更となりました
※受付開始時間は15分前~
※WEBセミナーのみの開催となります

・参加費:無料

・プログラム
1.採用の成功とは?
2.「採用力」の全体構造(17要素)解説
3.採用力チェックワーク&採用力検定試験体験
4.採用成功のためのチェックポイント解説

◆お申込み・詳細はこちらから
https://www.puff.co.jp/seminars/seminarkugisaki/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第12回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
「株式会社パフのアウトプット大全」
――――――――――――――――――――――――――――――――

アウトプットして初めて「現実世界」を変えることができる、
という樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」(サンクチュアリ出版)に
感銘を受け、「アウトプット」にフォーカスをあてたコラムです。

私カカ、パフの若手社員のハム(石河)、そして、
あくね(阿久根)3名の持ち回りで、自分が今考えていること・
感じていること・やってみたいことを自由に発信します。

そして、このコラムのキモは、本メルマガをお読みいただいている
皆さまからの「フィードバック」です。
ぜひ忌憚ないご意見・ご感想・ご質問を頂戴できますと幸いです!

――――――――――――――――――――――――――――――――
【第12回】《難問》0÷0の解に驚愕した、弟との会話(ハム)
――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは。パフの石河です。僕には、弟が2人います。
ひとりは今アメリカにいて(大学4年)、もうひとりは、
コロナの影響で随分と暇を持て余している(高校1年)、そんな近況です。

今回は、高校生の弟とのエピソード【0÷0】について、
書いていきたいと思います。

---

このメルマガをお読みいただいている皆さまは、
以下の問題をどう解かれますか。

①6÷3
②3÷0
③0÷3
④0÷0

答えは、①→2、②→0、③→0、④→0   です。

と思いたいところなのですが、実は違うらしく。
上記の答えだと、正解なのは①と③だけだそう。
まんまと弟に、してやられてしまいました。

弟曰く「林檎と子供で考えたらわかるよ」と。

弟「①は、6個の林檎を3人の子供で分けるから、
人あたり2個。だから、6÷3=2」

僕「ほうほう。(そんなん、小3レベルやん。わかっとるよ!)

弟「②は、3個の林檎を0人で分けるから、そもそも
分けられないよね。分ける人がいないから。
だから、"解はない"が答えなんだよ」

僕「ほうほう。<そ、そうなんだ!(震え)>」

弟「③はね、0個の林檎を3人で分けるんだよ。
1人あたり0個になっちゃうよね。だから、0÷3=0なんだよ」

僕「そうほ…う? でも、ちょっと待って、
そもそも林檎がないんだから、『解なし』が答えになるんじゃないの??」

弟「(ニヤリ)って、思うじゃ~ん、違うんだよ!
割り算って反転したら、掛け算にできるでしょ?
例えば、6÷3=2。これは、3×2=6みたいな感じで。」

僕「そうだね(いきなりなんの話をしはじめたんだ?今は割算の話なんじゃ…)

弟「ってことはだよ、③0÷3って、3× “X” =0だよね。
だから、“X”=0。よって答えは0なんだよ。」

僕「ほうほう…」

弟「ちなみに、②3÷0って、0× “X” =3だよね。
そんな“X”を持ち合わせてる数字って、存在してないよね。
だから、『解なし』が答えになるだよ^ ^」

僕「なるほどね!でも、そうすると、④0÷0は『解なし』になるってこと?
0個の林檎を0人で分けるんだからさ」

弟「(ニヤリ)って、思うじゃ~ん、違うんだよ!
④0÷0って、0× “X” =0でしょ」

僕「そうだね!」

弟「ってことはだよ、0に何を掛けたら0になるんだろう?」

僕「?!!!!!!!!!!あっ!」

弟「1.2.3....∞までだよね。0には何を掛けても0だから」

僕「なぁあ~るほどぉぉお!」

ということなのです。つまり、

①6÷3 =2
②3÷0 =解なし
③0÷3 =0
④0÷0 =∞(全ての数)

いかがでしょうか。
めちゃくちゃ、面白くないですか?数学の世界って。

数学力を鍛えるって、チャート式のような問題集を
解き続ければよいって訳ではなく、国語的な要素もあると、思えてきます。

コロナの影響で、暇を持てあそばせている小~中学生を
お子さんに持つ皆さん、こんな会話をしてみてはいかがでしょうか

経済学も物理化学も数式を使います。
「数が苦」が「数が楽」になると、見える世界が広がります!
------------

(ハム)https://www.puff.co.jp/saiyo/members/ishikawa/

パフ 採用ホームページ】
新卒採用 https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途採用 https://www.puff.co.jp/carrer/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「ゼロだからこそ、無限の可能性」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。
http://www.puff.co.jp/

─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール