News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信3月24日号 -みんなのこうちゃん-

更新日:2021.3.24

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上夏花です。

今月は全国の学校で卒業式が多く開催されました。
早く大人になりたい!と思っていても、いざ卒業が来ると、
ちょっぴりさみしくなる。
「卒業」という言葉にある、いろいろな気持ちが社会に溢れた
3月だったと思います。

そんな中、ふと目にしたあるニュース。
茨城県桜川市立猿田小学校が今年で閉校となり、
最後の卒業式では唯一の6年生である安達鴻輝さんが
卒業されたそうです。

気になったので、早速ググってみると、
猿田小学校のホームページが見つかりました。
教職員のみなさんが2019年からコラムのような形で、
毎週更新をされていて、全生徒25名で卒業式の準備をしたり、
閉校に向けて全員で大掃除をしたり、全学一丸となって
当事者意識を持って日々過ごす様子が記録されていました。

他にも「働くとは“傍”を“楽”にすることだ」といったような
コラムもあり、パフとの親和性を勝手に感じ、
ほぼすべてのコラムを読み切ってしまいました。

コラムの最新記事には、安達さんの卒業式の様子も
掲載されていました。

(以下引用)
猿田小学校第74回卒業式。1221人目の猿田小卒業生が力強く巣立
ちました。制服を着た鴻輝さん。もう昨日までの「こうちゃん」で
はありません。別れの言葉では在校生と向かい合い、25人の声に
けるとも劣らない声を出し、思いを伝えているのは圧巻でした。
やっぱりあなたは猿田小の6年生です。みんなの憧れです。
けれど、みんなに見送られるときは、やっぱり「こうちゃん」に
戻るのです。複式学級で一緒に学び、遊んだ10人の5年生とのや
とりで笑顔スイッチオン!!こうして、なりたい自分に向かって、
出発進行!したのでした。
猿田小らしい、猿田小にしかない、猿田小ならではの卒業式でし
た。(引用おわり)(猿田小学校公式サイトより)

「やっぱりあなたは猿田小の6年生です。みんなの憧れです」。
この言葉には、教職員や他の生徒さんたち、
そして地域のみなさんに安達さんが愛されていたこと、
そしてこのコミュニティを全員が大切にしながら
過ごされていたことが伝わってきました。

まもなく4月1日。
新しい「こうちゃん」として、入学される学生や入社される

新社会人の方が今年も多くいらっしゃるかと思います。
そのすべてのみなさんが「みんなの憧れ」として、
新しい社会に「出発進行」されることを、
心からお祝い申し上げます。

(参考:)http://www.sakuragawa.ed.jp/page/page000010.html

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U
──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員や職サークル学生委員の価値観公開!
┃ ┃『職サークルよみもの、おススメページ』
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃2┃オンライン内定者懇親会コンテンツのご紹介
┃ ┃https://www.puff.co.jp/seminars/202103_onlinegd/
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃3┃入社直前!内定者のイマ
┗━╋…───────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員や職サークル学生委員の価値観公開!
『職サークルよみもの、おススメページ』
――――――――――――――――――――――――――――――
パフが運営する職サークルの学生向け「よみもの」記事では、
日替わりでパフ社員や職サークル学生委員からメッセージを
発信しています!

■『【就活相談】企業はなぜ新卒採用を行うのか?
若者のメリット企業のメリットを考える』(職サークル子)
今回はパフの職サークル子さんの記事です。
新卒採用のメリットとはなにか。
若者と企業視点それぞれで語られていますが、
私は「企業文化を絶やさないこと」だと思っています。
職サークル子とは誰なのか?!
想像しながらお読みいただけますと幸いです。
https://shokucircle.jp/yomimono/uself/soudan20210317/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. オンライン内定者懇親会コンテンツのご紹介
https://www.puff.co.jp/seminars/202103_onlinegd/
――――――――――――――――――――――――――――――
内定者フォロー期間では、
内定者の不安を払拭するだけではなく、
内定者同士の絆を深め、入社後のエンゲージメントを
高めるためのコンテンツが求められています。

オンラインでのコミュニケーションが当たり前になった今。

オンラインコミュニケーションを駆使した
内定者フォローコンテンツを揃えてみませんか?

日本一学生に近い採用支援会社であるパフの視点から、
学生目線で、オンライン内定者懇親会のコンテンツを
皆さまにご提供します。

1)オンライン内定者懇親会グループワーク 1本 3万円
2)オンライン内定者懇親会グループワーク 2本 5万円
3)オンライン内定者懇親会グループワーク 5本 10万円

▼詳細は下記からご確認ください。
https://www.puff.co.jp/seminars/202103_onlinegd/

※大変申し訳ございませんが、同業他社さまへの
ご提供はお断りしております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.入社直前!内定者のイマ
――――――――――――――――――――――――――――――
いよいよ、4月1日にはパフにも新入社員が4名、
入社してまいります!

入社直前の彼・彼女らの心情はいかに?!
一人ずつに聞いてみました!

石上:
4人とも内定者インターンシップとして働き始めているけど、
いよいよ4月1日まで残りわずかだね。今の気持ちはどう?

笠原:
そうですね。内定者インターンシップを通して、少しずつですが、
「働くとは何か」ということを体感できた気がします。

石上:
おお~!
内定者の中でも一番長く、多くインターンシップを
実施していたけれど、ずばり、笠原さんにとって働くとは?!

笠原:
「人のために動く」ことかな、って思います。
お客様のために何かをする、その対価としてお金をいただく。
僕はこれが働くことだと思っていたのですが、
パフで少し働いてみて、この対価の部分はお金以外の何かでも
成立する気がするな、と。
働くことの本質は、人のために動くという行為にあると
感じています!

石上:
笠原さん、すでに何かをつかみ取り始めてるね。
上口さんはどう?
他の3人とは異なり、北海道から上京してきて
2週間くらいの期間だけど、働いてみてなにか感じた?

上口:
そうですね。
僕にとっての「働く」を一言で表現すると「社会への恩返し」
だと思います。

石上:
社会への恩返し?どんなことからそう感じたの?

上口:
はい。僕はこれまで関わってくださったたくさんの方の
おかげで成長することができています。
そうした方々から頂いた力を、少しでも多くの人たちに
還元していくことで、社会に対して恩を返していきたいです。
パフでインターンをしていても、
パフの社員はただ「できる」のではなくて、根底に相手への
感謝と気遣いを感じます。
僕自身もそういった点を見習って、着実に成長していって、
たくさんの方に対して役に立てるような人間になります!

石上:
心強い!本当にパフの仕事は持ちつ持たれつ、
お互いに協力・助け合いながらすすめることが多いよね。
その一体感を持って、お客さまや社会に良いアシストが
できる存在でありたいね。
上城さんは今年の2月から週2回くらい、
内定者インターンシップとして働いていたけど、
入社に向けた目標とかってある?

上城:
そうですね。私は入社に向けて二つのことを目標にしたいです!
一つは「当たり前のことを当たり前にやる」ということ。
内定者インターンシップを通して、一社会人として、
プロとして一つひとつの仕事の量と質を常に維持するのは
難しいことだと感じました。
それを実現させるには、当たり前のことを当たり前に
やることが一番大切なのかな、と。

石上:
とっても大切なことだね。
頭でわかっていても、当たり前のことが意外とできない。
時間のせいにしたり、周りのせいにしたり・・・
私も再度意識しよう。もう一つは?

上城:
はい、もう一つは「自分の仕事の後を想像する」ということです。

石上:
仕事の後?どういうこと?

上城:
内定者インターンシップ中、自分のタスクが積み重なってくると、
ただそれを終わらせることだけを考えたり、終わったことだけに
達成感を得たりということがありました。
でもインターンシップを通じて、自分の仕事が終わったら
仕事が終わりということではないと気づきました。
自分の仕事の後、誰の元に届くのかを考えて業務に取り組む
ようにしたいです。

石上:
なるほど。仕事は協働作業だもんね。
まさにパフが大切にしている「当事者意識」。
忘れないようにしたいよね。

上城:
正直、社会人として働くことの不安は尽きません。
でも、パフを選んだのは自分自身なので、

自分が決めた場所で頑張ります!

石上:
さすが!本当にたくましいメンバーばかりです!
草深さんはどうかな?入社直前、今のホンネを教えてください!

草深:
入社が、もうそこまできているんですね、実感がないです。

石上:
内定式がとっても懐かしいよね。

草深:
はい、私は毎年3月になると大学四年生を見送るため、
卒業式に顔を出してるんですけど、四年生のほとんどは
大学生活の思い出を振り返り感慨に耽っているんですよね。
でも、突如思い出したかのように皆、私にこう告げてきます。
「まだまだ学生でいたい」「社会人にはなりたくない」
「働きたくない」って。

石上:
うんうん、わかる!みんなそう言ってる!

草深:
そうなんです。
就活中は、私も先輩たちと同じように「社会人になりたくない」
と後輩に言うのかな~と思ったりしていました。
少なくとも就活中、私は先輩たちと同じように
モラトリアムの延長を望んでいましたね。
でも、そこからパフと出会い、内定者としてたくさんの
時間を過ごし、気が付けば今度は私が大学を卒業する
順番になっていました。
そして、実はブルーな気持ちはとうの昔に消えていて、
モラトリアムの延長を望んでいた私はもういません。
後輩に伝える言葉は決まっています。

石上:
ほう!その言葉とは?

草深:
「後悔のない会社選びを!」

石上:
素敵だね~!(涙)4月の入社が本当に楽しみ!
みなさん、改めてパフを選んでくれてありがとう!

以上、パフの内定者紹介コラムも今号で終了です!
ここまで温かく見守っていただき、ありがとうございました。

4月からはパフ社員として、
それぞれがスタートダッシュをきります。
今後もご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

パフ 採用ホームページ】
新卒採用 https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途採用 https://www.puff.co.jp/carrer/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「社会は広く、深く、楽しい。」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送して
ください。
─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール