紹介者

先輩の
田代明久

先輩の田代明久

決して努力は見せないけれど
誰よりも考え抜く天才肌。

清水 真理(ニックネーム:しみっちゃん)

サービスマネジメントグループ 
2013年 新卒入社

小さい頃から憧れていたキャビンアテンダント(CA)の内定を取ったにもかかわらずパフに入社。物事のコツを掴む才能があり、テレアポもパワポもエクセルも気が付けばマスターしている。クールな表情の裏には並々ならぬ信念があるようだ。

清水 真理 (ニックネーム:しみっちゃん)

周囲の反論お構いなし!
人生は自分で決めるもの。

僕がシミズと初めて会ったのは、パフの選考で先輩社員として彼女から質問を受けたときです。今でも鮮明に覚えています。だって、飛び抜けて印象に残る学生でしたから。えっ、短大生なの? えっ、キャビンアテンダント(以下CA)志望なの?…っていうか何でここにいるの?という感想でした。でもね、入社後のシミズと話をしていると、やっぱり彼女は入るべくして入ったんだなと思います。就活イベントでたまたま出会ったパフ。学生対応が熱心で、すごく印象が良かったそうです。他の企業の印象がぼやけてしまうぐらい、パフの選考は社長や社員全員が関わっていて、受けていて楽しかったんだ、と。それで直感的に「この人たちと働きたい!」と思ってパフに決めちゃった。

同じタイミングでCAの内定もゲットした彼女に周囲の友達や大学関係者からは「何でパフなの?」と散々言われたみたいですね。その時、パフ社内も「おいおい、すごい奴が入ってくるぞ」と慌てていたのを記憶しています(笑)。
シミズが大事にしている価値観は「一生懸命」と「楽しく働きたい」ということ。彼女の頭の中には、企業の知名度も社会的ステータスも関係なかったんです。親御さんも「あなたの人生なのだから自分で決めなさい」と後押ししてくれたみたいで。素敵ですよね。そういう決断が涼しい顔をしてできちゃうシミズって、かっこいいなと思います。

周囲の反論お構いなし!は気にならなかった。人生は自分で決めるもの。

人生で一番の苦楽を味わったのは
何を隠そう「仕事」でした。

入社後もシミズは持ち前のポテンシャルをいかんなく発揮しました。一度伝えたことは忘れない理解の早さや、事務処理能力の高さは「本当に一年目か?」と思うぐらい凄かったです。コツをつかむのが抜群に上手いんですよね。本人いわく「これまでの人生で挫折という挫折は無かった」と言います。僕が推測するに、きっとシミズは失敗をしても努力をして必ず挽回する、そういうサイクルが自然とできる人なんだろうなと思います。でも…彼女と話をしていてすごく意外だったことがあります。それは人生で一番嬉しかったことも悔しかったことも、パフで経験したということ。シミズって普段、感情を爆発させるようなタイプではないんですよ。まさか仕事をしている時に、そんなに心が揺れ動いていたなんて先輩たちが聞いたら驚くでしょうね。

彼女が一番嬉しかったのは、営業時代の初受注です。面識のないお客様に対して電話アポイントからスタートした案件でしたが、見事に受注。入社3ヶ月目の出来事でした。一方で、そのお客様の採用を成功に導くための十分なお手伝いができなかった。相当悔しくて、今でも忘れられないんだとか。シミズは、できないことや失敗したことの要因をしっかり考えて、次の機会には必ず改善してくる。負けん気は相当強いはずです。天才肌に見られるけれど、誰よりも努力家ですよ、絶対。
そうそう、シミズが社会人になってから大学時代の友達と話をしていた時にこんなことを言われたそうです。「マリって仕事している時、すごく楽しそうだね」。たぶん“カワイイ”とか“キレイ”とか言われるより、よっぽど嬉しいんじゃないかな。何度も言いますけど、シミズは仕事にまい進する頑張り屋さんですから。仕事してる時の顔が素敵に映るって彼女にとって最大の褒め言葉であり、誇りなんだと思うなぁ。

人生で一番の苦楽を味わったのは何を隠そう「仕事」でした。

本人から一言

CAの内定を断って、あえて、パフ

皆さん、私がパフに入ったことを驚かれるみたいですが、自分にとっては必然でした。パフの魅力は、どこまで行っても未知数で、すっごい謎多き会社なんですよ(笑)。既に完成された場所よりも自分で考え行動し道を切り開いていく方が絶対に楽しい。まだまだ変えたいことが沢山ありますよ。これからはもっと意見を出していきたいと思います!

背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ