紹介者

先輩の
阿久根美咲

先輩の阿久根美咲

国民的アニメを
知らずに育った
爆裂妄想&熟考女子。

岡崎 葉澄(ニックネーム:はすみん)

営業グループ
2019年新卒入社

「南の島が好き」という理由で大学ではインドネシア語を専攻。バリ島へ留学し、現地ホテルのインターンシップに飛び込む。世に言うブラック企業並の激しい職場で鍛えられた。バドミントンを趣味に持つ、自称筋肉バカ。

岡崎 葉澄 (ニックネーム:はすみん)

「答えのないことを考える」癖あり

「お魚くわえたドラ猫〜追っかけて〜♪」って歌に馴染みのない日本人います? あの国民的アニメをよく知らないと聞いた時は、思わず帰国子女?と訊いちゃいました。しかもはすみん、言葉遣いちょっと変わってるし(敬語の使い方、時々おかしいよね)。それはパフの採用二次試験の話。パフで最も独特な試験が「おもてなし選考」と「演劇選考」。もうネーミングからしてヤバイですよね、パフ臭をプンプン醸し出してます。少し解説しておくと、「おもてなし選考」は“1000円で社員をおもてなししてください”というお題が出されて30分で答えを迫られる無茶振りなもので、「演劇選考」は“主婦のサ○エさんが働くと言いだしたので家族会議を開け”というテーマで演技する突拍子もないものです。はすみんが受けたのが、その演劇選考。で、グループでいざ役割分担をしようとなった時にみんなを驚かせたのがはすみんでした。

「私は誰の役でもやります。ところでサ○エさんの家族構成が分からないんですが...」って。その後の快進撃が素晴らしかった。知らないからこそ、持ち前の想像力とフラットな視点で率直に意見して、自分にできる役割としてタイムキーパーに回る。さらに「知らないから教えてほしい」と自然体で言えたこともはすみんらしかった。土壇場でもその場に合わせて課題を乗り越えられるはすみんはパフの素質アリでした。振り返ってみればはすみんとパフとの出会いも“正解のない”ことを考える場。パフが就活生向けに開くイベント「つきしま村塾」に来てくれたのが最初でした。「優秀とは何をもって決まるのか」というテーマで熱く語る会で、心底楽しそうに議論していたはすみん。私も就活時に同じ気持ちになったから、よく分かる。真正面から向き合える人がいるって、働く上でホントに心強いよ。

「答えのないことを考える」癖あり

人見知り、妄想癖、行動派、
……で、何者!?

ペラペラ喋ってるかと思えば、時々じーっと押し黙って考えるはすみん。社交的と見せかけて実は人見知りで、自分の腹の内を見せても大丈夫か、どの言葉をチョイスすればいいか、熟考してから話す人です。.....と見せかけて、軽く考えて後はままよと飛び込み、行動し尽くすのも彼女です。就活においてもはすみんの熟考は果てしなく、「パフの仕事は面白そうだけど大変そう」と推測したはすみんは、内定後パフのインターンに来ていました。パフのインターンはお試し仕事でなく、ほぼ本気の仕事。営業担当の社員と同行しながら、どんな場面で頭を使うか、苦労があるか、新人がどれだけヒィこら言ってるかリアルに感じ取れたと思います(私のドタバタ劇も間近で見たもんね…)。

自分の目で確かめて、深く考えてパフに決めたはすみん。あのとき実は、もう1社の内定先と迷っていたんだよね。パフはラクでないけど、挑戦したい場所はここ、と思った。それが決め手だと教えてくれたね。あれ?いま、はすみんまたなんか考えてない? なになに? 私はどういう人間なのか、仕事はなぜ、人間とは、宇宙はどこから…… おーーーい、はすみん、戻っておいで〜〜〜〜! はすみんの脳内宇宙の広さは計り知れず。いろんなはすみんに出会えることを、これから楽しみにしてます。

人見知り、妄想癖、行動派、……で、何者!?

本人から一言

選考さえも大変そうだったけど、あえて、パフ。

パフの選考フローを聞いた時、「こりゃないわ〜(大変そう)」とためらったのですが、あのイベント(つきしま村塾)で心から楽しめた事実が脳裏をよぎり、挑戦だけはしてみようと選考を受けました。「人生の時間を何に使うのか?」を考えて就活をしましたが、真っ直ぐに仕事を楽しんでいるパフの人をみて、“最初に苦労するならパフがいい”と思えました。でも仕事、大変だろうな…(若干ビビり中)

背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ