News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信3月23日号 -勉強する-

更新日:2022.3.23

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長の、“さとみん”こと里見瑛梨奈です。

3月もあと一週間ほどとなりました。
4月から私は社会人4年目になり、新たな1年がスタートします。

この3年間を振り返ると、とにかく目の前の仕事に必死に食らいついて、精一
杯取り組んできました。

1年目は、すべてのことが初めてで、どこにたどり着くのかもわからないけれ
ど、とにかく前に進んでみようとしていました。
すべてが未知の仕事なので、まずはやってみて、壁にぶつかったら先輩に助け
てもらい、学んでいく。そんな1年でした。また、1年間の仕事の流れも、1年
目が終わってやっと理解できました。

2年目は、たどり着く場所が少しは見えてきて、少し先に起こることが想像で
きるようになりました。
全体的に、1年目のときよりも高いレベルの仕事が求められるようになり、
できることを増やしていく1年でした。

そして今年、3年目。全体像が見えてきて、少しずつ俯瞰して物事を捉えられ
るようになりました。また、1~2年目に比べて心の余裕を持てるようになり、
試行錯誤をしながら、創意工夫もできるようになりました。

振り返ってみると、とにかく前のめりに多くのことを経験することで、たくさ
んの学びを得られたと思います。
一方で、一見すると遠回りで、緊急度が低いと感じてしまう「知識」について
はほとんど蓄積してきませんでした。それが、今、試行錯誤や創意工夫の幅に
限界を感じている理由でもあり、直感的で説得力に欠けるという自身の課題に
もつながっていると感じています。

だからこそ4年目は、「勉強する」が目標です!
具体的にはまずは本を読むことから始めようと考えています。しばらく本棚に
置きっぱなしになっているいくつかの本を、読み始めようと思います。
読者の皆さんにも応援していただけたら嬉しいです。

それでは、今号も「パフ通信」、スタートです!

■ M E N U ―――――――――――――――――――――――――

┏━┓
┃1┃パフ社員のつぶやき公開!
┃ ┃『スタッフブログのおススメページ』
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃2┃チェックシート第2弾!
┃ ┃合格者クロージングのための面談の進め方
┃ ┃https://senses-form.mazrica.com/webforms/?webformid=K6bqXwuQJoVA
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃3┃【就活相談】~あなたならどう答える!?~
┃ ┃質問:「選考において自分らしさってどうやったら出せるのでしょうか?」
┗━╋…───────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員のつぶやき公開!
『スタッフブログのおススメページ』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
パフのコーポレートサイトでは、企業様向けにスタッフコラムを書いています!
人事担当、採用担当の皆様にとって「役にたつ」「癒される」「背中を押され
る」そんなコラムになるべく、パフスタッフの「顔の見える」イキイキとした
生の声をお届けします。

■演劇を続けたいだけで就活してた若者が、おっさんになって学生に「働く」
の本質を語るようになるまで。その1(大岡さん)
学生との面談では「働く」について熱く語る大岡さんですが、ご自身が就活を
していたときはまったく考えていなかったのだとか。そんな大岡さんの就活時
代が、独自のエピソード盛りだくさんで細かく描かれています。先日シリーズ
全7回が終了した大作。まずは1話目からご覧ください!
https://www.puff.co.jp/column/20210913ooka/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.チェックシート第2弾!
合格者クロージングのための面談の進め方
https://senses-form.mazrica.com/webforms/?webformid=K6bqXwuQJoVA
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3月下旬を迎えて、既に内定を出し始めるタイミングの企業様も少なくないの
ではないでしょうか。

最終選考を合格した人が内定承諾をする前までに面談を実施している、という
声もよく伺います。しかし、ただ自社の様々な情報を提供するだけでは、入社
意欲の向上にはつながりません。まずはしっかり学生さんの選社基準や意思決
定のタイプを把握する必要があります。

そこで、学生との面談を担う皆様のお役に立てればと思い、合格者クロージン
グのための面談チェックシートを作成いたしました。
自社の面談を振り返るきっかけにご活用ください。

◆内容
・内定承諾を迷っている人が対象となる、クロージング面談の進め

1.面談実施のポイント(押さえておくべき2つのポイント)
2.選社基準の見える化をするための質問項目(5ステップ)
3.決断タイプの確認(4象限)

◆ダウンロードはこちら
https://senses-form.mazrica.com/webforms/?webformid=K6bqXwuQJoVA

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【就活相談】~あなたならどう答える!?~
質問:「選考において自分らしさってどうやったら出せるのでしょうか?」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
本コーナーは、就職活動生の質問や悩みに対する、読者の皆さんからの回答を
掲載する「参加型コラム」です。
読者の皆さんにご協力いただいて、このパフ通信を完成させたいと思います!

人の数だけ答えがある、就職活動におけるたくさんの悩みや疑問。
だからこそ、その自分なりの答えには、採用における信念があると思っています。
ぜひ、皆さんの想いやそこにいたった背景を聴かせていただければ幸いです。
さて、今回のテーマはこちら!

質問:「選考において自分らしさってどうやったら出せるのでしょうか?」

今回はこちら!
建築サービス業で約60名の新卒採用を行っている、採用担当歴2年の方からの
ご投稿を紹介いたします。

---------------------------------------------------------------------------------

1)あなたならどのように答えますか?
「自分の思っていることを素直に伝えようとする気持ち」を持ってほしいです。
聞かれたことを自分の言葉でしっかりと伝えるように心掛ければ、おのずと自
分らしさが出ると思います。

2)そう思うようになったキッカケはなんですか?
選考の前にしっかり準備をされることは悪くはないのですが、憶えてきたこと
を機械的に答えられると面接官としては自分らしさを感じられません。
実際の仕事でも準備している以上のことを質問されたり、想定外のことを求め
られたりすることは多いです。入社後のためにも、その場の状況をよく理解し
た上で応答をする必要もあると思います。

3)就活をしていたときはどのように思っていましたか?
正直、かなり昔でなかなか思い出せないのですが…、わからないなりに一生懸
命答えていた気がします。
ただ、私の時の就活はバブル崩壊前後だったので、そこまで考えていなかった
と思います。就活といっても選考に進んだのは1社で、他の面接等を受けなか
ったものですから…。

---------------------------------------------------------------------------------

メッセージをいただき、ありがとうございました!
準備ではないアドリブ部分で自分らしさが見えるということですね

学生は面接官に隙を見せてはいけない、自己分析によって“自分らしさ”をガチ
ガチに作り上げないといけない、と思ってしまいがち。私自身が学生の頃も、
なにを聞かれても瞬時に回答できるようにしておかなければならないと思って
いました。

本日のメッセージで、面接官側の視点をもっともっと学生に伝え続けていきた
いなと思いました。

さて、次回のテーマはこちらです!
「自分の働く姿が想像できない…。」

▼ご回答いただけます方は、以下の質問に沿ってメールでご連絡ください。
0)ニックネームを教えてください。
(参考までに、人事・採用担当歴、業種業界、採用規模も教えていただけれ
ば幸いです。※必須ではありません)
1)あなたならどのように答えますか?/アドバイスしますか?
2)そう思うようになったキッカケはなんですか?
3)就活をしていたときはどのように思っていましたか?
4)そんな学生に伝えたいことはありますか?(※必須ではありません)

ご返信いただいた方のなかから、私の独断と偏見で1通選ばせていただき、
次回のコラムでご紹介したいと思います。

ぜひ、0)~4)をご記入いただき、【2022年3月30日(水)まで】に本メールへ
ご返信いただけますと幸いです。

皆さまからのご応募、お待ちしております!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
ご意見・ご感想などはお気軽に本メールまでご返信いただければ幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■発行・編集:株式会社パフ 里見
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール