News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信11月25日号 -ワクワクするか、しないか-

更新日:2020.11.25

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上夏花です。

先日、パフの新入社員・山下さんにおススメされたある本を読みま
した。

「手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~」(喜多川泰著)と
うものです。

主人公の西山諒太は、就職活動を始めようとする大学生。
行きつけの書斎カフェで「手紙屋」という存在を広告で知ります。

「はじめまして、手紙屋です。手紙屋一筋十年。きっとあなたの人
生のお役に立てるはずです。私に手紙を出してください」。

“手紙のやりとり”を生業にする手紙屋は、十通の手紙を送ると言
ます。
その十通で「私は最善を尽くして私がこれまで学んできたことを
伝え、あなたが人生で実現するお手伝い」をするという仕事。

主人公は就職活動の波に完全に乗り遅れており、その悩みを手紙屋
に送ってみることにします。

正体不明の手紙屋とのやりとりに、最初は半信半疑の主人公ですが
一通、また一通と続けるうちに、彼は多くのことを手紙屋から学ん
でいきます。

働くとはどういうことなのか。
自分に向いている仕事とはなんなのか。
会社を選ぶとはどうすればいいのか。

本書の最後に「感想はこちら」という案内があり、普段であれば絶
対にしないのですが、この本から大きな学びと気づきがあったので
思わず感想を送ってしまいました。

少し恥ずかしいですが、今回は私が喜多川氏へ送った感想メールを
結びとしたいと思います。

-----------
喜多川泰さま

(省略)
私は京都に生まれ育ち、就職を機に東京に出てまいりました。
「働く」ってどういうことなのか、と就活時期に悩み、いろいろな
ご縁から今の会社に入社しました。

新卒採用支援の会社で、営業だけでなく学生の就活支援なんかも
しているのですが、その中で私がいつも悩んでいることは、
「学生にフラットな目で”働く”を伝えられない」ということでした。

就活で「パフという20名の会社に入る」と決めたとき、
友人や両親から「もったいないのでは」と何度も言われました。
しかし、自分なりに覚悟を決め、入社したので「後悔はない」と
断言していたのですが、きっとどこかで「あえて小さい会社で働く
ことがすごい、偉い」と感じていたように思います。

学生(就活生)と話す際も「大手から内定もらった」「やっぱり大
だよな」という方に対して「大手がすべてだと思わないほうがいい
中堅中小企業も素晴らしい」とどうしても偏った意見を伝えてしま
うクセがあり、悩んでいました。

「大切なのはどの船に乗るかではなく、その船がどういう目的で航
海しているか、です」。

手紙屋さんのこの言葉に、ハッとしました。
私はなんやかんやで「どの船に乗るか」を気にして、今でもなお、
「その船を正解と思い続けたいんだ」ということに気が付きました

今の会社は、私にとって奇跡のようにぴったりとマッチした会社で
す。不満もありませんし、後悔も一つもありません。

それでも、心のどこかで、見えないなにかと比較して、強がって、
常に「勝ち」でいないといけないという考え方にとらわれていたん
だな、とわかりました。

大きい小さい、知られている知られていないではなく、「ワクワク
るか」という判断軸、もともと私がパフという会社を選んだ一番の
決め手のままでいいんだ、と気づきました。

『今、目の前にあるものに全力を注いで生きる』。

当たり前なことだけど、実践するのは難しい。
頭でわかっていても、心でわかっていなかった。

そんな自分自身と向き合うことができました。

本著を世に出していただき、ありがとうございます。
-----------------

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U
──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員や職サークル学生委員の価値観公開!
┃ ┃『職サークルよみもの、おススメページ』
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃2┃追加開催も決定!12月22日・1月27日開催!
┃ ┃一人からご参加いただけるオンライン面接官集合研修
┃ ┃https://www.puff.co.jp/seminars/202012_02/
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃3┃【第28回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
┃ ┃「株式会社パフのアウトプット大全」最終回
┗━╋…───────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員や職サークル学生委員の価値観公開!
『職サークルよみもの、おススメページ』
――――――――――――――――――――――――――――――
パフが運営する職サークルの学生向け「よみもの」記事では、日替
わりでパフ社員や職サークル学生委員からメッセージを発信してい
ます!

■『【Web選考】録画面接≒手書きのES【この思い採用担当に届け
っ!#1】』(職サークル学生委員/たなかさん)
今回は職サークルで学生委員として活動する就活生「たなかさん」
の記事です。機械工学専攻の修士1年生の彼から採用担当のみなさ
まへ「録画面接」へのホンネが語られています。
https://shokucircle.jp/yomimono/studentreport/student201105/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 追加開催も決定!12月22日・1月27日開催!
一人からご参加いただけるオンライン面接官集合研修
https://www.puff.co.jp/seminars/202012_02/
――――――――――――――――――――――――――――――

お一人からご参加いただける、複数社合同のオンライン面接官研修
を開催いたします。

新型コロナウイルスの影響を受け、面接のオンライン化が進み、
これまでの面接手法が通用しなくなりました。
オンライン対応で留意すべきこと、そもそもの採用環境の変化など
今まで以上に「考えること、慣れること」も増えてきています。

本研修では、最新のデータや他社の取り組み事例によるオンライン
面接の知見を深めることはもちろん、プログラムの最後には、面接
経験のある現役学生を対象とした面接のロールプレイングも実施。
実体験を通じて、面接への深い理解と、自身の面接における課題を
見つけ、それをしっかりと改善できるプログラムとなっています。

・日時
2020年12月22日(火)13:30~17:00
2021年01月27日(水)13:30~17:00

・形式
WEB会議ツール 「ZOOM」を利用
※PCによる参加を推奨します。
※参加用URLは前日もしくは当日ご案内いたします。

・料金
1名につき20,000円(税別)
※費用は研修参加後、ご請求書を送付させていただきます。

・講師
吉川安由(株式会社パフ 代表取締役社長)
2001年株式会社パフ新卒第1期生として入社。
2011年同社執行役員、2017年取締役、2019年取締役副社長、2020
年9月に代表取締役社長に就任。20年にわたり、年間30社のべ600社
程度の企業の新卒採用支援を行ってきた。企業向け研修講師
(採用担当者・面接官・リクルーター向け)は年間20本程度、学
向け就職支援セミナー講師は年間10本程度行っている。

▼詳細・お申し込みはこちらから
https://www.puff.co.jp/seminars/202012_02/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第28回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
「株式会社パフのアウトプット大全」最終回
――――――――――――――――――――――――――――――
アウトプットして初めて「現実世界」を変えることができる、
という樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」(サンクチュアリ出版
に感銘を受け、「アウトプット」にフォーカスをあてたコラムです

これまで、私カカ、パフの若手社員のハム(石河)、そして、あく
(阿久根)3名の持ち回りで、自分が今考えていること・感じてい
ること・やってみたいことを自由に発信してきました。

そして、数多くの方から、私たち3名に対していろいろなフィード
バックを頂戴しましたが、このコラムも今回が最終回です。

ここまでお読みいただいた方、フィードバックを頂戴した方、
すべてのみなさまに御礼申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――
【第28回/最終回】どん底まで、落ちろ!(ハム)
――――――――――――――――――――――――――――――
「どん底まで、落ちろ!」

いよいよ最終週になってしまったNHK連続テレビ小説『エール』
の一場面。

原子爆弾が落とされ、絶望の淵に立たされた長崎、浦上天主堂。
混沌の中、「神様はほんとにいるとですか?」と問うてくる若者に
「どん底まで落ちろ」と答えたという医者の逸話がでてくる場面。

神様、どうして?なんで?こんなことを…と思考を繰り返しても、
希望は持てない。
どん底まで、落ちて、落ちて、落ちて、大地を踏みしめてこそ、
希望が持てるんだ。

1か月ほど前の放送でしたが、こんなエピソードだったと思います

この暗いトンネルはどこまで続いているんだろう。
なんで自分はこんなところにいるんだろう、どうしてこうなったの
だろう。
自分はいったいどこまで落ちていくんだろう。

そういった考えが日夜頭を駆け巡っていた、
当時の自分の境遇にも重なるところがあり、いたく感動したのを
覚えています。

「どん底に大地あり。落ちるところまで落ちて、大地を踏みしめ、
希望を持て。」

自分がどうこうしようっていう訳でもなく
ある種の諦めに近しいような、状況に身をゆだねる状態。

そうして初めて、自分のなすべきこと、やるべきことが見えてくる
感じ。

何かをやってみて、やっぱりできないことはできないし、その一方
で、できてしまうこともある。自分の能力に抗っていても仕方がな
い。

そうやって差してきた希望の光は、自分の近くにいる、家族や会社
の人や、
友人を照らしていて、時には、無責任になって周りの誰かに投げ出
しても
いいのかもっていうことでした。

落ちるところまで落ちてみるのも、悪くはない...かな。
もう一度経験するのは絶対に御免だけど。笑

------------

(ハム)https://www.puff.co.jp/saiyo/members/ishikawa/

来月からは新たなメンバーが登場します!みなさま、お楽しみに!

パフ 採用ホームページ】
新卒採用 https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途採用 https://www.puff.co.jp/carrer/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「信じる者は救われる」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送して
ください。
─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール