News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信9月11日号 -祝!初受注!-

更新日:2020.9.11

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上夏花です。

先月末、パフの今年唯一の新入社員・山下さんが初受注いたしまし
た!
▼山下さんの紹介(ページの一番下に掲載されています)
https://www.puff.co.jp/aboutus/member/

営業職なら必ずある、一生に1回の初受注。
今年はコロナの関係で、入社2日目から在宅勤務となった山下さん
研修も完全オンライン、テレアポも一人で自宅にて実施、商談もす
べてWEB商談という異例の環境の中での業務でした。

「やっといただけてホッとした・・・」と安堵の表情を見せていた
山下さんを見て、きっと「足で稼ぐ」時代から「心で稼ぐ」時代に
なったんだ、と気づきました。後輩ながら、山下さんのお客様への
「心のかけかた」から学べることがとても多くあった8月でした。

改めてご発注いただいたお客さまにパフ一同から御礼申し上げます

初受注、と聞くと、営業だけの話のように思えますが、私は採用担
当にも「初受注」があると思います。

それは「初めての内定承諾」。

私自身、一年目のときから採用担当にもチャレンジしていますが、
やはり「初めての内定承諾」はなにものにも代えがたい思い出です

採用業務における相手学生へのアプローチ、魅力づけ、提案、そし
てクロージング。

採用は営業と非常に似ている点が多いと感じていますが、「受注」
まり「内定承諾」までミスマッチなく、お互いの期待値を調整しな
がら、コミュニケーションをとっていくことは、本当に難しくもや
りがいのある仕事ではないでしょうか。

そして最近は、「失注」から学ぶことの方が「受注」以上に大きい
も感じるようになりました。

これまでは「失注」=「自分が嫌われた」と思い込んでいました。
でも、決してそんなことはなく、ただただ「他の提案のほうが良か
った」それにつきるんだな、と。

受注できなかった「理由」が明確にある「失注」したときこそ、
相手としっかり対話をして、次に活かす。

自分や会社への指摘を怖がらずに、むしろいつもよりじっくりと
向き合う。そんな姿勢が大切だと感じています。

全国各地の営業、そして採用担当のみなさま、ともにより良い社会
づくりをがんばりましょう!

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U
──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の価値観公開!
┃ ┃『職サークルよみもの、おススメページ』
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃2┃【10/22(木) オンライン開催】
┃ ┃全国人気50大学のキャリアセンターとの求人相談会!
┃ ┃キャンリクフォーラム2020
┃ ┃https://www.hrpro.co.jp/cf_2010_pf.php
┗━╋…───────────────────
┏━┓
┃3┃【第23回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
┃ ┃「株式会社パフのアウトプット大全」
┗━╋…───────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1. パフ社員の価値観公開!
『職サークルよみもの、おススメページ』
――――――――――――――――――――――――――――――
これまでパフの全社員が日替わりで書いていた『パフスタッフブロ
グ』。

先月より、パフが運営する職サークルの学生向け「よみもの」記
事となって生まれ変わりました!

これまでは各社員が自由に仕事・プライベート・独り言などをなん
でもつづっていましたが、今後は就活生に向けたメッセージを発信
していきます!

学生向けとはいえ、ぜひ企業のみなさまからの反応やご意見もどし
どしとお寄せいただけますと幸いです。

■『仕事は部活に似ている』(大岡)
2016年3月に彗星のごとく現れた歴戦の勇士・大岡さんのよみもの
です。みずから「声と態度のデカさは社内でも群を抜いている」と
評する大岡さんですが、その大岡さんが尊敬している方の言葉につ
いて、つづられています。
会社選びは部活選び。そして、仕事は部活の日々。
部活終わりの「おつかれさま、また明日」ほど楽しいものはないで
すね。
https://shokucircle.jp/yomimono/uself/tweet0827/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 【10/22(木) オンライン開催】
全国人気50大学のキャリアセンターとの求人相談会!
キャンリクフォーラム2020
https://www.hrpro.co.jp/cf_2010_pf.php
――――――――――――――――――――――――――――――

10月22(木)に開催予定のオンラインイベント
『キャンリクフォーラム ~大学と企業の合同相談会~ 』
(ProFuture主催)をご紹介いたします。

全国から集まった50大学のキャリアセンターと
半日間で効率的に個別面談ができる人気フォーラムです。

大学関係者と1対1で15分間じっくりお話しいただけるので、
簡単な挨拶や求人情報の紹介だけでなく「その後のお付き合い」
につながる相互理解のお時間としてご活用いただけます。

「2020卒採用の募集」「2021卒向けのインターンシップ募集」は
もちろん、「学内企業セミナー参画」「OB/OG懇談会」まで、
面談内容は双方のニーズに合わせてご自由にお選びください。

本フォーラムの詳細は下記にてご確認ください。
社数限定企画につき、ぜひお早めのご検討・お申し込みをお願いい
たします。

【開催概要】
=============================================

■開催日
2020年10月22日(木)13:05~17:35

■会場
オンライン開催(Webカンファレンスシステム「Remo」を使用)
※開催前に「Remo」の体験リハーサルを実施します!
開催日時は、後日ご連絡いたします

■参加大学
50大学予定(下記参照)

■内 容
13:05~13:20 オンライン会場へ入場開始
13:20~17:35 大学別個別ブースによる各種求人相談(1面談15分
以内)
※各面談間には5分間の休憩時間を設けます
※各大学の参加者は1~2名、複数名参加の場合には並行して複
数社が面談可能です。
17:35 終了

■料金(税別)
基本参画料金 13万円(2名まで)
※オプションについては申込ページをご参照ください。

■お申込締切
2020年10月16日(金)
※社数限定につき、ぜひ、お早めにご検討・お申し込みください。

■主 催
ProFuture株式会社

▼詳細・お申し込みはこちらから
https://www.hrpro.co.jp/cf_2010_pf.php

【参加大学】
=============================================
■参加予定大学(50音順、カッコ内は参加予定人数、「未」は人
未定)
※現在31大学が確定。最新情報は申込ページをご確認ください。

愛知大学(2)、亜細亜大学(1)、茨城大学(2)、学習院大学(1)、
神奈川工科大学(1)、九州大学(2)、近畿大学(未)、京都産業大学(未)、
甲南大学(2)、昭和女子大学(2)、清泉女子大学(2)、専修大学(1)、
創価大学(1)、玉川大学(1)、都留文科大学(1)、帝京大学(1)、
東京女子大学(1)、東京都市大学(2)、東京都立大学(2)、東洋大学(1)、
二松学舎大学(1)、日本工業大学(1)、文京学院大学(1)、松山大学(1)、
室蘭工業大学(1)、山梨学院大学(未)、横浜市立大学(未)、立正大学
(1)、立命館大学(1)、龍谷大学(2)、和歌山大学(2)

==================================================================

最後までお読みいただきありがとうございました。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

▼詳細・お申し込みはこちらから
https://www.hrpro.co.jp/cf_2010_pf.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第23回】やりたいことをやる!言いたいことを言う!
「株式会社パフのアウトプット大全」
――――――――――――――――――――――――――――――
アウトプットして初めて「現実世界」を変えることができる、
という樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」(サンクチュアリ出版
に感銘を受け、「アウトプット」にフォーカスをあてたコラムです

私カカ、パフの若手社員のハム(石河)、そして、あくね(阿久根
3名の持ち回りで、自分が今考えていること・感じていること・や
ってみたいことを自由に発信します。

そして、このコラムのキモは、本メルマガをお読みいただいている
皆さまからの「フィードバック」です。ぜひ忌憚ないご意見・ご感
想・ご質問を頂戴できますと幸いです!

――――――――――――――――――――――――――――――
【第23回】営業って(あくね)
――――――――――――――――――――――――――――――
最近になって、就職活動の頃のことを思い出す。

「文系だったら、初期配属はほぼ営業と思っていいよ」
まだ社会に出てもいないのに、訳知り顔の先輩の言葉。

「ノルマってあるんですか?達成しないとどうなるんですか?」

社会に、親に、自由に大事に育ててもらっていた22年間を経て、
『成果を出す』ことがどういうことかも分からないまま、
自分が自分でなくなることを恐れた結果、口をついて出る、ありき
たりな質問。
周りも、私も、こんな質問ばかり社会人に投げかけていた。

当時の私の悩みはこんなことだった。
「人当たりが良く第一印象が良いと言われるが、それはかりそめの
姿なのではないか。
本当の私は、気にしいだし、考えすぎてなかなか動き出せないし…
断られてなんぼの営業なんて向いていないよ。」

表向きのはりぼての自信は、面接官にすぐに見破られた。

『阿久根さんは、自分で思っている印象と周りからの評価にギャッ
プがあるよ。』
『頑張りすぎて崩れてしまうのではないか。』

ああ、やっぱり。私は営業なんて向いていないんだ。
「繊細な部分を分かってもらえてよかった」なんておこがましい考
えを胸に抱きながら、どこかで違和感を覚えていた。

「私、平気なんです!」と仁王立ちをする私の影に隠れた、「怖いよ、
どうしよう」とおびえるもうひとりの私。
どちらか一人だけでは、実際の私なんかじゃない。
どちらの私も本当なのに、どちらかに寄せなければならないと信じ
込んでいたから、自信満々かと思ったら急に弱気になったりして、
周囲を戸惑わせていたのだ。

*******

パフで今まで過ごした2年間は、そんな自己評価を忘れるくらい
めまぐるしい日々だった。
自己嫌悪する暇もないくらい、たくさんの経験をした。
色んな人の力を借りた少しの成功と、数々の失敗。
悩んで立ち止まる時間が他の人より長いけれど、とにかく、動く、
動く、やる、やる。

今になって分かるのは、気にしいなこと、考えすぎてなかなか動き
出せないことは「営業」という仕事に“向いていない理由”なんか
ゃなかった。
むしろ、その性格のお陰で信頼をいただけたこともあった。

あの時の私は、「成果を出す」ということがとてつもなく複雑で難
いものに感じていた。

でも、今はそうじゃない。
確かに、成果を上げることは難しいけれど、
「私は誰かのために役立てるんだ。」という静かでもゆるぎない思
を胸の中に抱き続けることが出来るようになった。
そうしたら、結果にこだわることを恐れなくなった。

誰かのために役立てるんだ、と思えると強くなれる。たくましくな
れる。
好きな人のためにがんばれる、このくらいシンプルで良いんだ。
もっと素敵な採用をしてもらうにはどうすれば良いか、思いついた
ことを相手のタイミングに合わせてお話ししてみる、それで良いん
だ。

これが、もがきまくった私なりの「営業」との向き合い方だ。
------------

(あくね)https://www.puff.co.jp/saiyo/members/akune/

パフ 採用ホームページ】
新卒採用 https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途採用 https://www.puff.co.jp/carrer/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「営業とは人生だ」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送して
ください。
─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール