News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信 1月23日号 -“部活 経験”と検索すると自己PRばかりがヒットする-

更新日:2019.1.23

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上です。

皆さんは学生時代、部活に所属していましたか?

社会人になって、多くの人とお話しする機会が増えました。その時にいつも面
白いな~と思うのは、その方が学生時代に所属していた部活やサークルの話。
意外!という活動を行っていた方もいれば、やっぱりそうなんですね!と感じ
る方もいて、ただ何よりも面白いのは、その活動経験が何かしら、今の自分に
影響しているということです。

例えば、パフ社内。

一年目の石河(https://www.puff.co.jp/saiyo/members/ishikawa/)は、大学時
代にトライアスロンサークルに所属していました。とても穏やかな見た目と
性格の石河がトライアスロンを行っていて、アイアンマンレースなるものに出
ていたと知った時はかなり驚きました。
しかし、話を聞いてみると、確かに圧倒的な精神力と物事に食らいつく気持ち
を持っている彼の根本には、そのトライアスロンで培った経験が活きているん
だな、と感じます。
もう一人の一年目、阿久根(https://www.puff.co.jp/saiyo/members/akune/)
は大学時代にアカペラサークルに所属していたそうです。そして納得。彼女の
表現力の豊かさや素敵な表情はここからうまれたものなのだとわかります。

他にも、田代さん(https://www.puff.co.jp/saiyo/members/tashiro/)は大学時
代に体育会の新聞部に所属し、ひたすらに取材を行い、記事を書いていらっし
ゃったとのこと。今でもパフのあらゆるクリエイティブな企画の要を担われて
いますし、パフ通信を過去に7年間書き続けていたという話にもつながります。

また、吉川さん(https://www.puff.co.jp/saiyo/members/yoshikawa/)は、高校
時代にハンドボール部に所属し、大きな声での返事(が当たり前の世界)や
あきらめずにやり抜く力を3年間の部活動で経験されていたそうです。

私・カカはというと・・・
中学時代は「和太鼓部」。高校時代は「茶道部」、大学時代は「軽音サークル」
と、まさに文化系な学生時代でした。

では、それぞれの活動で学んだことは何か。

和太鼓部では、50人を超える部員とともに多くの発表の機会がありました。
みんなで何か一つのことを成し遂げる楽しさを経験したことで、今は人と協働
することを大切にしています。
茶道部では、集中力やおもてなしの心、相手を思いやるとはどういうことなの
かを学び、現在の営業にも活かせていることもいくつかはあると感じています。
軽音サークルでは、ただ自分たちの自己満足のライブをするのではなく、観客
と一体となってその空間をつくることの難しさを体感し、お客様と一体となっ
ているパフという会社を選びました。

人それぞれ、色んな思い出のある部活・サークル活動。
あなたの経験は、今の自分にどのように影響しているでしょうか?

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃【無料】2月5日(火)常見陽平氏登壇!
┃ ┃採用氷河期に立ち向かうために、いま企業がすべきこと
┃ ┃https://www.puff.co.jp/seminars/20190205/
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【コラム・第35回】
┃ ┃学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
┃ ┃「今、ここにいる仲間を大切に。」
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。
今回のベストアクセスページは、木村の『復帰しました!』でした。

木村ファンの皆さま、お待たせいたしました!産休・育休から帰ってきました!
私も心待ちにしていた、木村さんの復帰。
私が一年目の時に席が隣だった木村さん。うまくいかないことがあって相談す
ると、私と一緒に悔しい気持ちで涙してくださったり、励ましてくださったり。
嬉しいことがあったら、同じくらいに喜んでくれる、そんな方です。

これからも喜怒哀楽を共に過ごさせてください!

■続きはこちら(↓)
『復帰しました!』
http://blog.shokucircle.jp/staff/2019/01/09/9142

■木村(きむちゃん)ってどんな人?
https://www.puff.co.jp/saiyo/members/kimura/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 【無料】2月5日(火)常見陽平氏登壇!
採用氷河期に立ち向かうために、いま企業がすべきこと
https://www.puff.co.jp/seminars/20190205/
――――――――――――――――――――――――――――――――

慢性的な人材不足が叫ばれる中、HRテックの活用、働き方改革関連法の施行
など、「人」にかかわる環境はめまぐるしく変化しています。

新卒採用では大卒求人倍率は1.88倍と7年連続で伸び、また、ここ数年でAI
面接、リファラル採用など、新しい採用手法を検討される企業様も増えてきま
した。

今回のパフのセミナーでは、大学講師・働き方評論家としても活躍する常見陽
平氏を迎え、採用競争が激化する中、いま何をすべきか、「本質論」を熱くお話
いただきます!

【開催概要】
・日時:2019年2月5日(火)16:00~17:30 (受付開始:15:45~)
・参加費:無料
・会場:職サークルセミナ―ルーム
・住所:東京都千代田区飯田橋 1-5-9 精文館ビル7階
・地図:https://shokucircle.jp/office/index.html#seminarroom
・最寄り駅:九段下より徒歩5分、飯田橋より徒歩7分

【登壇者】
◆常見陽平氏
千葉商科大学国際教養学部専任講師/働き方評論家/いしかわUIターン応援
団長
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程
修了(社会学修士)。リクルート、バンダイ、ベンチャー企業、フリーランス活
動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師。専攻は労働社
会学。大学生の就職活動、労使関係、労働問題、キャリア論、若者論を中心に、
執筆・講演など幅広く活動中。平成29年参議院国民生活・経済に関する調査会
参考人、平成30年参議院経済産業委員会参考人、厚生労働省「多様な選考・採
用機会の拡大に向けた検討会」参考人、第56回関西財界セミナー問題提起者
などを務め、政策に関する提言も行っている。

【プログラム】
第1部 講演(16:00~16:50)
「採用氷河期に立ち向かうために、いま企業がすべきこと」
登壇:常見陽平氏

第2部 トークセッション&質問会(16:50~17:30)
第1部のお話をもとに常見氏とパフ釘崎とのトークセッションを行います。
参加者のみなさまからの質疑応答もこの中でお受けいたします。

【詳細、申込】
https://www.puff.co.jp/seminars/20190205/
※当日配布資料のみの提供はありません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第35回】学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
「今、ここにいる仲間を大切に。」
――――――――――――――――――――――――――――――――

このコラムのテーマは「学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉」です。
毎回、パフやパフ社員に関わりのある方々にアンケート形式でインタビューし
ながら、その人の「今」をつくる言葉について迫ります。

第35回は、パフも加盟する「ふるさと就職応援ネットワーク」の一社、名古屋
をはじめとした東海エリアを拠点とする株式会社名大社・入社二年目の熊谷さ
んです。

ふるさと就職応援ネットワーク(通称:Fネット http://furusatonet.jp/)とは、
『ヒューマンリソース事業から地域社会の発展に寄与する』という理念の下、
2008年に結成された全国のHR事業を展開する企業間ネットワークです。
全国21事業者(2019年1月現在)が加盟し、お互いのリソースを活用して
学生や大学、全国の企業に対して雇用機会の創造を目的とした情報の提供や
企画の提案を行っています。

私・カカと社外同期でもある熊谷さんと出会ったのは、昨年の9月。
名大社とパフの若手合同研修の懇親会で、仲良くなりました。
研修中はチームも異なり、ひと言も交わさなかったのに、懇親会のラスト20分
で話す機会があり、まさかの意気投合。
第一印象は、「人当りが良くて、一緒にいたら楽しそうな人」でした。

その後、2回目に会ったのは、年末。
前日にLINEでやりとりをして、急遽、日帰りで滋賀県に遊びに行くことに(笑)。
あっという間に、「友達」になってしまいました。

そんな熊谷さんが社会人に言われて忘れられない言葉とは、一体・・・・?

-------------------------------------------------------------------------
1)誰に言われた言葉なん?
私が学生時代に所属していた劇団のチーフ的存在の先生に言われたよ。
いわゆるお局様的なお方でしたねえ(笑)。その先生の言うことは絶対だったな


2)いつ、どのように言われたん?
レッスンの時。
レッスン前か後か、タイミングは覚えてないんだけど。みんなの前で先生が
話すタイミングってあるじゃん?その時だね!

3)その言葉はどういう意味?
社会人になってからの出会いは、仕事が絡んでくるから本音で話せる人って
少なくなる。どうしても遠慮をしてしまう。
でも今、ここ(当時の所属していた劇団)にいる仲間は利害関係がないはず。
そんな本音で話せる仲間を大切に、一生大切に付き合っていけるようになると
いいよね!っていう意味。

4)その言葉を聞いた時、どう思ったん?
「確かに・・・」が率直な感想かも。
学生だった私にはあまり腑に落ちなかったけど、その時その場にいた人達は
私にとってかなり大事な仲間だったから、ずっと仲良くできるようにしたいな
とは思ったよね。でも、その時はまだ先のことはイメージできてなかった気が
する。

5)なぜその言葉が忘れられない言葉になったと思う?
社会人になった今でも連絡を取っている人って、やっぱり知り合った当時から
繋がりが強い人だなと思って。
結局今も昔も、支えてくれる人がいて、私がいるんだと思うんだよね。いつも
一緒にいなくても、会えば、話せばわかるし、安心できるし。そういう人たち
がいるから自分も頑張れるし、自分の頑張る姿を見てもらって「ああ、クマガ
イこれだけ頑張っているから自分も負けてられないわ」って思ってもらえたら
なと。自分にかかわってくれている人にはいつも幸せでいてほしい、元気でい
てほしいって思っているから。『知り合いでいることに意味のある人間』って思
われたら最高だよね!

6)その言葉を聞いた後、すぐに行動したことはある?
特別なことは何もしてない。
けど、常々、一緒にいる人を大切に、とは思って行動しているかな!
「大切に」といってもいろんな方法、いろんなカタチの大切があるけどね。

7)今、思い返すとどう思う?
本当にその通り!今は仲間っていえば、学生時代からの仲間もいるし、職場の
方や取引先の方も考え方によっては『仲間』になるかも、と思ってて。
人は一人じゃ生きていけないし、特に私みたいな弱虫は、誰かに頼らないと
やっていけない部分もあるから、大事にしていきたいなって思う。あのとき先
生の言っていたことは今になってしみじみとわかるし、ほんとだなって、感じ
るよね。

8)これから、その言葉を胸にどんな人生を歩みたい?
自分のことよりも他人のことを考えて、みんながよりよくなるように、って
考えて行動する人生にしたいね!
自分は我が強いほうだと思っているから、どうしても自分さえよければってな
りがち。だからこそ、人を大切にしていきたい。
そして、胸を張って、「私はこんなにたくさんの人に囲まれて楽しい人生なんで
す!」って言えるようにしたい。より多くの人に元気を与えていきたい!!
-------------------------------------------------------------------------

この話を聞いたとき、私は熊谷さんの先生に「ありがとうございます」と伝え
たい気持ちになりました。

大切な仲間とは、ずっと「仲間」でい続けたい。
そのためには、相手を「大切にする」ことが重要。

私にとって、分かっているようで、分かっていなかったこと。
そして、社会人になった今、ひしひしと「仲間」の大切さを感じています。

私よりも早く、この言葉と出会った熊谷さんだからこそ、研修後の懇親会の20
分しか話していない私を「仲間」にしてくれたんだと思いました。
そして、熊谷さんから溢れるパワーはこの言葉からうまれているんだというこ
とも分かりました。これからもよろしくね!

次回以降もどうぞお楽しみに!

【パフ 採用ホームページ】
新卒サイト https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途サイト https://www.puff.co.jp/carrer/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「”仲間 大切”と検索すると感謝がヒットする」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール