• お問い合わせ・資料請求
  • TEL.03-5214-8282 受付/9:00~16:00(土日祝祭日休み)

News

最新ニュース

パフ通信 3月15日号 -真剣勝負!-

更新日:2017.3.15

日ごろお世話になっている皆様へ           株式会社パフより
──────────────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換させていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望
の方はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
──────────────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。パフの溝渕です。

3月も半ばに入り、学内セミナーや大型のイベントは一旦落ち着いてくるこ
ろかと思いますが、皆さま採用活動のご状況はいかがでしょうか。

今年は大手ナビサイトに3月1日のサーバーダウンがなかった影響か、「初
期のエントリー数は昨年に比べて良い」という企業様の声をよく伺います。
ただ、初速は良いが落ち着きも早いという側面もあるようなので、これまで
の母集団形成の総括としては、ほぼ昨年並か、苦戦ぎみという企業様が多い
のではないかと思います。

学内セミナーで出会った学生や、パフを受けてくれている学生に話を聞いて
いると、選考を受ける企業の数はかなり絞り込んで動いているようです。
「確かに早く内定はほしいが、やみくもに社数は増やしたくない。自分の実
力が発揮できる範囲で1社1社の選考に取り組みたい」「エントリーシート
の締め切りが乱立しないように会社を選んでいる」「できるだけ視野を広げ
た方が良いと思って、好き嫌いせずいろんな会社を見ている。でも実際に選
考を受ける会社は少ない」こんな声が少なくありません。インターンにたく
さん参加している学生も、早期イベントに足しげく通っている学生も、受け
る社数は多くないようです。

逆に、現在説明会や選考にきている学生の本気度はそれなりに高いとも言え
ます。まずは今来てくれている学生の志望度をしっかりと上げていくことに
注力すべきだと再認識しました。

パフの採用も、すでに30名が選考に進んでくれていますが、まだまだ「パフで
なきゃ!!あえてパフに入りたい!!」と思ってくれている学生はほんの一握
りです。バシッとパフを選んでもらえるよう、一人ひとり真剣勝負で向き合っ
ていきます!

■ M E N U  ────────────────────────

┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃2┃【採用担当者様向けセミナー資料】
┃ ┃学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃3┃職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃4┃お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
┗━╋…─────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔:『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。

今回のベストアクセスページは、大岡の『一年が経ちました。』でした。

昨年の3月にに中途でパフに入社して以来、経営にも営業にも納品にも引っ張
りだこの執行役員・大岡が、この1年を振り返る大作です。感謝と愛情に溢れ
たその内容には、思わず泣いてしまった社員もいたとかいないとか。

■続きはこちら(↓)
『一年が経ちました。』(大岡)
http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/03/08/6382

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.      【採用担当者様向けセミナー資料】
      社員への共感、社風の良さではもう勝てない!
  学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

      18卒採用ですぐ使える!
     【お役立ちコンテンツ・無料ダウンロード】
  ◇ 内定承諾率が劇的にアップ!究極の内定クロージング事例
===================================

売り手市場による複数内定保有者の増加。 学生は、何を考え、どのように決
めようと思っているのでしょうか。私たちパフは昨年の春、毎日のように学生
との面談を行いサポートしてきました。

1000人以上の面談で見えた「学生の本音」そして「驚愕の事実」。

「社員の人が魅力的だった」「社風に共感して」共感重視の承諾理由に加え
学生が心から納得するための情報提供は、何をすればよいのか。

2018年版・内定者フォローのポイントを現場のリアルな声からお届けします!

■コンテンツ
【1部】1000人以上の面談で見えた「学生のホンネ」解説
 ・学生が内定承諾を決める3つのポイント
 ・学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ

【2部】内定承諾率10ポイント改善した内定者イベント事例紹介
 ・新しい企業の魅力づけ手法「会社の数字で魅せるSR(Student relations)」
 ・第3者が入る新しい内定者イベント「意思決定イベント」の効果事例紹介

 ≪ セミナー資料のご請求はこちら ≫
 https://www.puff.co.jp/seminars/20170227/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社パフは「顔の見える就職と採用」をコンセプトに、1998年より、若者
と社会をホンネでつなぐコミュニティ『職サークル』を運営しています。

その活動の一環として、学生が、さまざまな業界のさまざまなキャリアの
社会人に訪問し、インタビューを行う、
「100×10チャレンジ」(http://100ten.shokucircle.jp/about)。

社会人インタビューを通して学生が得た学びは「訪問レポート」として記録さ
れていますが、その中でも特に興味深いものを、私溝渕が厳選し、可能な限り
原文のまま、皆様にお届けします。

主な選定の基準は下記です。

■その学生の本音が文章から伝わる
■本質的な学びが得られている
■多くの学生の意見が集約されている

学生の今を感じてください!
----------------------------------------------------------------------

今回の社会人訪問は私にとってとてもたくさんの学びがあった。○○様は企画・
営業・人事と様々な職種を経験されており、実体験をふまえて詳しくお話し
てくださったのでとても理解が深まったし、今まで上辺でしか理解していなか
った職種やお仕事のイメージが湧いてきた。

その中でも○○様の「『どうしたらいいですか?』という質問は良くない」と
いうお話は、私の心にズバッと刺さった。私はどちらかというと、分からない
ことがあったらすぐに人に聞いてしまうことが多い。以前友人に「もう少し自
分で考えろ」と言われた経験があるので気を付けるようにはしていたが、まだ
頭の片隅に「誰かに頼りたい」と思っていることがある。

その上私は、リスクや失敗を恐れ、何事も安全な道を選びたいし、その道を出
来る限り教えてほしいと思っている。しかし今日のお話を聞いて、安全な道を
選ぶこと自体は間違っていないが、その選び方をもっと見直すべきだと痛感し
た。私たちはゆとり世代と呼ばれ、この世代は受動的であり一般常識がないと
思われがちだと○○様がおっしゃっていた。この偏見やフィルターをなくすの
は自分次第だし、もちろんその印象を悪化させるのも自分次第だと思った。ど
んなことにも全力投球し、何か問題に当たったら解決をするという行動・努力
をすることが、まだ私には足りていないと思ったので、これからの課題として
取り組みたい。(青山学院大学 女性)

☆★☆★☆

たくさんの企業をまわることは視野を広げるためには良いが、返って情報量が
多くなって最終的に一社を選ぶ決断を難しくさせると思っていた。しかし、
100×10チャレンジを通して、情報や経験によって間違いない一社を選べる直
感が身につくことを知った。

コミュニケーションを取ることで、今まで知りえなかった知識が身につくこと、
経験でしか能力を高めることはできないことがわかった。自分の利益にならな
い些細なことも積極的に行うことで、それが何らかの形で返ってきたり、日々
の積み重ねで善行が癖になって、それによって周りに良い影響を与えているこ
とがわかった。(文京学院大学 男性)

☆★☆★☆

自分が過去行ってきた選択について、「なぜそのような選択をして、その結果
をどう思ったか、そしてそう結論付けた理由」まで探ることで、自己分析を進
めていくことができるとわかった。私も含めて志望動機によく「人の役に立ち
たい」というものがあるが、それも掘り下げていき、どんな人の役に立ちたい
のか、そもそも人が好きなのかも見直す必要があると思った。
(東京女子大学 女性)

----------------------------------------------------------------------

学生と話していると、ハッとするような質問を受けたり、試されているなと感
じる瞬間がしばしばあります。100×10チャレンジで様々な社会人と話し、考え
を深めた学生たちがそうであるように、優秀な学生ほど、きちんと企業を見極
めようとしてきます。自分なりの選択軸を持って他社と比較したり、自分の価
値観と合っているか判断するための質問をするようになるのです。

そこでどれだけ納得感のある受け答えができるかが、一瞬の勝負の分かれ目で
あることを、採用活動で最前線に立つ中で、まじまじと感じています。

まるで居合切りのよう。

その一瞬一瞬の勝負の分かれ目で「パフって面白そうじゃん」と思ってもらえ
るよう、日々刃を研ぐ。採用活動はまさしく営業活動でもあることを、冷や汗
をかきながら実感する日々です。

そんな中、よく学生から聞くのは、「他社の面接でこんなことを聞かれたが、
うまく答えられなかった。なぜそんなことを聞くのかよくわからない」という
声です。僕はよく学生に、社会人に質問するときのコツとして、「なぜその
質問をするのか、意図を伝えたうえで聞いてみよう」と言っていますが、こち
らから学生に質問を投げかけるときにこそ、全く同じことを注意した方が良さ
そうです。まさしくブーメランですね。

自分を追い抜いてくれる素質を持った学生から「かっこいい」と思ってもらえ
るよう、今日も刀を研ぎます。


【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/

【100×10チャレンジとは】
http://100ten.shokucircle.jp/about

【職サークルプレミアム倶楽部企画書】
https://www.puff.co.jp/premium

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社パフは、1997年12月12日に設立されました。今年2017年の12月には、
20周年を迎えます。いつも支えてくださっている皆様に感謝の気持ちを込めて、
盛大に記念式典を開催いたします。ついに申込受付を開始しました!
当日は式典と祝賀会の2部構成です。皆様ぜひお越しください!

■記念式典

 日 程:2017年12月16日 土曜日

 時 間:13時00分~16時15分 (受付開始:12時00分)

 場 所:日本橋公会堂

     中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号 日本橋区民センター内
     http://www.nihonbasikokaido.com/hall

 参加費:無料 ※ご祝儀等のお心遣いはご遠慮させていただいております。

 申 込: https://www.puff.co.jp/seminars/20th


【記念祝賀会】

 日 程:同日

 時 間:17時00分~20時00分 (受付開始:16時30分)

 場 所:銀座ライオン 銀座クラシックホール

     東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル6F
     http://kurashikkuho-ru-ginnza.com/

 参加費:5,000円 ※記念祝賀会のみのご参加もお待ちしております。

 申 込: https://www.puff.co.jp/seminars/20th

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 溝渕 「セリカ、愛してるよセリカ」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
  お願いいたします。https://www.puff.co.jp/

     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────