News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信 2月15日号 -良いキッカケに変えていく-

更新日:2017.2.15

日ごろお世話になっている皆様へ           株式会社パフより
──────────────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換させていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望
の方はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
──────────────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。パフの溝渕です。

先日、5年以上使っていたiPhone4sを間抜けにも水没させてしまい、とうと
う買い替えることになりました。地味にショックを受けています。

サイズが気に入っていたので、重くても遅くても目をつぶって愛用していた
のですが、最後はあっけなく、胸ポケットからトイレにダイビング。
なんという失態でしょう。

水揚げ直後は、待ち受け画面だけちょっとおかしい感じだったので、「あれ、
意外といけるかな」と思ったのですが、その後の処置がまずかったようです。

とりあえず乾かそうと思い、ドライヤーを片手に何時間も格闘しました。
「頑張れ!いけるぞ!」とか、「死ぬな・・・まだ死んじゃダメだ!」とか、割
と必死に声をかけながら。何せ5年も連れ添った仲ですから、突然訪れた今
生の別れなんて、とても簡単には受け入れられません。

ところが、どうやらこれ、一番やってはいけないことのようなのです。
内部に浸水した状態で風を送ると、水が全体に行き渡り、基盤がやられると
のこと。そしてiPhoneはめっぽう熱に弱いので、そもそも浸水してなくても
ドライヤーの熱はNGだそうです。ちょっとググったらすぐに出てきて、青ざ
めました。

泣きそうになりながら、「死なせない! お前は絶対に、俺が助ける!」
とか言って息巻いちゃってますけど、一番やっちゃダメなんです。
やりましたけど・・・。

「動機は善、結果は悪」というのは、本当にタチが悪いものですね。
知らずに悪い方向に突っ走る前に、まずは先人の知恵やプロのアドバイスを
参考にするべきだったなとしみじみ思いました。今回の件に限らず、「気づ
かないまま間違いを上塗りしてしまっている」なんてことが、実は普段から
いろんな場面に潜んでいそうです。高い授業料でしたが、良い勉強になった
ので、営業でも採用活動でも、今回身に染みた教訓を生かそうと思います。

それにしても、愛機を失った喪失感は深刻で、Mr.Childrenの「over」が度々
頭をよぎります。


今となれば
横に長い古い充電器や
すぐに落ちる遅い通信も
君を形成(つく)る全ての要素を
愛してたのに
トイレダイビング責めても君は戻らない


ただ、新しくやってきたおニューなiPhoneの軽さと速さには、センチな僕も
嬉しい驚きを隠し切れません。心変わりの瞬間は、意外と早く訪れそうです。
これを機に料金プランも見直したので、いろいろとスッキリしました。

人生は思い通りにならないけれど、必ず良い方向に向かっていくものですね!

■ M E N U  ────────────────────────

┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃2┃【2/27開催・採用担当者様向けセミナー】
┃ ┃学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃3┃職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃4┃お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
┗━╋…─────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔:『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。

今回のベストアクセスページは、田代の『いること』でした。

ベストアクセスページ常連の田代さんですが、今回も見事に選出!
お馴染みのプロ野球ネタを用いて、“いること”の大切さ大変さについて
語っています。

以前このコーナーでご紹介した、
『人材の賞味期限』
http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/01/13/6224

と合わせて読むと、田代さんの仕事に対する姿勢、考え方がよくわかります。
体調管理って、学生のときにイメージしてたよりも、はるかに大事ですよね!

■続きはこちら(↓)
『いること』(田代)
http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/02/02/6283

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.        【2/27開催・採用担当者様向けセミナー】
      社員への共感、社風の良さではもう勝てない!
  学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

     18卒採用ですぐ使える!
       【お役立ちコンテンツ・無料ダウンロード】
  ◇ 内定者向けプレゼンツール 「後悔しない意思決定を学ぶ」
  ◇ 内定承諾率が劇的にアップ!究極の内定クロージング事例       
===================================

売り手市場による複数内定保有者の増加。 学生は、何を考え、どのように決
めようと思っているのでしょうか。私たちパフは昨年の春、毎日のように学生
との面談を行いサポートしてきました。

1000人以上の面談で見えた「学生の本音」そして「驚愕の事実」。

「社員の人が魅力的だった」「社風に共感して」共感重視の承諾理由に加え
学生が心から納得するための情報提供は、何をすればよいのか。

2018年版・内定者フォローのポイントを現場のリアルな声からお届けします!


■開催概要
【日時】2月27日(月)16:00~17:30
【場所】職サークルセミナールーム(千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル 7階)
    https://shokucircle.jp/office/index.html#seminarroom
【講師】株式会社キーカンパニー 代表取締役社長 下薗 博康
株式会社パフ 執行役員 吉川安由

■プログラム
【1部】1000人以上の面談で見えた「学生のホンネ」解説
 ・学生が内定承諾を決める3つのポイント
 ・学生の意思決定を促す「内定者クロージング」5つのステップ

【2部】内定承諾率10ポイント改善した内定者イベント事例紹介
 ・新しい企業の魅力づけ手法「会社の数字で魅せるSR(Student relations)」
 ・第3者が入る新しい内定者イベント「意思決定イベント」の効果事例紹介
 
 ≪ セミナー詳細・お申込はこちら ≫
http://www.puff.co.jp/seminars/20170227/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社パフは「顔の見える就職と採用」をコンセプトに、1998年より、
『職サークル』をコア事業として続けています。その活動の一環として、
学生が、さまざまな業界のさまざまなキャリアの社会人に直接訪問する
インターンシップ、「100×10チャレンジ」を運営しています。

一つひとつの社会人訪問を通して学生が得た学びは「訪問レポート」として
記録されていますが、その中でも特に興味深いものを、私溝渕が厳選し、可
能な限り原文のまま、皆様にお届けします。

主な選定の基準は下記です。

■その学生の本音が文章から伝わる
■本質的な学びが得られている
■多くの学生の意見が集約されている

学生の今を感じてください!
----------------------------------------------------------------------

「ちゃんとした大人に初めて会う」
この部分って、就活ですごい大事になってくる部分だと私は感じました。大人
に臆せず、自分の思いをきちんと話せるか、それが就活で鍵となってくるとこ
ろもあると思います。

また、今まではどんな仕事になるかを考えてばかりでしたが、就活のことをき
ちんと意識するようになりました。自分の頑張ってきたことを明確にするって
どういうことだろうって思っていたのですが、すごくわかりやすく説明して頂
いて、自分自身の出来事の引き出しはたくさん用意しなくては、と改めて感じ
ました。就活をプロポーズって例えているのもすごく分かりやすくて、今後就
活していく時、きちんと愛を伝えていきたいと思いました。
(学習院大学 女性)

☆★☆★☆

自分の中の価値観や思いと企業の価値観が違うと、ミスマッチが起こる。自分
の軸を定めるには、興味や出来事に対しての判断が有効であり、興味は幅広く
自分の知を広げ、出来事に対しての判断は、なぜその判断に至ったのかを明確
にすることだ、というのは新しい発見だった。

自分が考えていた熱意というのは、相手の気持ちに刺さるものだと考えていた
が、それだけではなく、熱意には共感を誘い、人を動かす力があると知った。
ただ、その裏にもなぜそういった経緯になったか、理由や根拠が必要なことも
学んだ。自分がなぜそうしたいのか、そうしてきたのかを分析して、自分に自
信をつけていきたい。

人は決断し、選択すると、自分の新たな一面に気づくことができる。〇〇様に
は、苦難が押し寄せてもやりきる力があり、乗り越えてから自分にその力があ
ると気づいた経緯があった。なんでも挑戦しないと、その先にある結果にはた
どり着けないと改めて認識した。

今回の訪問で、情報収集がいかに大切かどうか学ぶことができた。自分の視野
だけでなく、興味や人脈など広げることができるのを知り、アンテナを張るこ
との意味を見いだせた。(立正大学 男性)

☆★☆★☆

私は英語に対して今まで閉鎖的でしたが、英会話教室に通うことにしました。
〇〇様にお会いしなければ、そのように思うことは絶対なかったので感謝して
おります。

「右利きだったら左手も動かさなきゃ」

なるほど偏った考えを持ってはいけませんね。視野を大きくし、偏見や妥協は
できるだけしないようにします。また、一生のうちに3割しか働かないと計算
を用いて教えてくださり、社会人になって働くことだけでなく、余暇の時間も
何をしたいかを考えるべきだと感じました。

ONもOFFも充実できれば、本当に素敵な人生を送れるように思います。また、
自分の人生は自分によって決まるのだから、積極的に主体的に行動し、自分の
人生に自信を持てるようにしようと思いました。(明治学院大学 女性)

☆★☆★☆

今回の訪問で、転職について考えさせられました。転職は自分のチャレンジで
きる場を変え、新しいことをする手段であることを学び、また、やりたいこと
・チャレンジしたいことは、会社に入る前に決まってなくても、入ってから探
せばいいという言葉を頂いたので、就職に対しての心持ちが和らいだと思いま
す。

また、仕事をするにあたっての心の持ち方・モチベーションの維持の仕方に関
して、細かな期限を設けるという考え方には大変共感しました。近い先のこと
を見てビジョンをはっきりさせた方が、自分も道筋が見えて仕事がはかどると
思いました。これを習慣付けることで作業の修正が簡易化され、効率があがる
そうです。

そして、一社目・二社目で自分の伸ばしたい点で挙げた、多角的視野を得るた
めのアドバイスとして、一度考えて結論に至った後、落ち着いて、別の人の立
場に立って考える。これを習慣とし、ニュートラルに物事を見れるようにする。
との言葉をいただきました。習慣が自分を形作っていくことを再認識し、生活
したいです。(筑波大学 男性)

☆★☆★☆

訪問の最後に頂いたフィードバックで、私たちに質問の意図が感じ取れないと
いうご指摘をいただき、そこから大きな改善点が見つかりました。

それは、事前に考えてきた質問事項を、一方的に投げかけていただけで、上手
く言葉のキャッチボールが出来ていなかったということと、自分の中で質問す
ることの目的が定まっていなかったことです。

このままでは本番の選考面接でも、私は事前に考えてきたブレブレの自己PRと
志望動機を一方的に言って、最後に玉砕してしまうだろうと思います。なぜそ
の質問をしたいと思うのかを考えることもそうですが、自分の行動の「理由」
を考えていくことで、自分の中で筋の通った考えが形成されていくのだと感じ
ました。

また、「主体性を持つ」というお話で、学生二人で質問をする際に、順番を譲
り合ってしまうことが多かったことが反省点です。二人の時は譲り合うという
よりも、質問したければ自分からタイミングを伺ってすれば良いと感じました。

また、今まで自分の中で「職場の雰囲気」を企業選びの一つの基準としていた
のですが、やりがいや職場の雰囲気は自分でつくるものであるというお話を聞
いて、妙に納得してしまいました。確かに自分が主体的に変えていこうと思え
ば、職場の雰囲気というものは変わり得るからです。ですので今後はある程度
「職場の雰囲気」は気にしつつも、参考程度にして、自分から主体的に行動す
るということを意識していきたいと思います。

厳しくも的確な意見をたくさんいただき、自分の社会人としての意識の低さを
実感することとなり、大変勉強になりました。(学習院大学 女性)

----------------------------------------------------------------------

2月から学内セミナーのお手伝いをする機会が一気に増えたのですが、先日
就職講座でご登壇された社会人の方から、学生への応援メッセージとして、
「偶然の出会いを大切に。ご縁は必ずありますよ」というお話がありました。

僕は中学生のときから運命論者なので、普段から出来事や出会いには全て意味
があると思っていますし、「就活には縁も大切」という考え方には賛成です。

職サークルの学生も、偶然100×10チャレンジを見つけ、偶然その社会人に出
会ったことで、「就活で愛を伝えたい」という思いに至ったり、英会話教室に
通うことになったりしたわけですね。とても素敵なことだと思います。

後から振り返ったときに、「あの偶然は、必然だった」と胸を張って言えるよ
うな、日々の出来事や出会いを大切にする人間でありたいなと思っています。

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/

【100×10チャレンジとは】
http://100ten.shokucircle.jp/about

【職サークルプレミアム倶楽部企画書】
http://www.puff.co.jp/premium

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社パフは、1997年12月12日に設立されました。今年2017年の12月には、
20周年を迎えます。いつも支えてくださっている皆様に感謝の気持ちを込めて、
盛大に記念式典を開催いたします!皆様ぜひお越しください!

【日程】2017年12月16日(土)

【場所】中央区立日本橋公会堂ホール
    http://www.nihonbasikokaido.com/hall

※その他詳細は鋭意企画中です。決定次第、順次お知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 溝渕 「セリカ、愛してるよセリカ」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
  お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール