News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信 1月31日号 -無理だと思うけど、安心してください-

更新日:2017.1.31

日ごろお世話になっている皆様へ           株式会社パフより
──────────────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換させていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望
の方はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
──────────────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。パフの溝渕です。

先週末は高校時代の友人の結婚式で、地元の香川県まで帰省してきました。
部活のチームメイトで、卒業後もちょこちょこ会っているやつもいれば、中
には卒業以来初めて再会したレアキャラもいて、懐かしい思い出話に花が咲
く、とても楽しい時間でした。

昔の友人と話していると、いやがおうにも自分のアイデンティティを再確認
させられるものです。「人の言うことを聞かないお前が、未だにサラリーマ
ンを続けているとは信じがたい」とか、「集団行動ができないお前が、社会
人としてちゃんとやっていけてるのか心配」とか、友人から出てくる言葉は
だいたいそんな感じなので、「昔の俺ってそんなひどかったっけ?」と思い
つつ、「今もそんな変わってないか」と思う節も多々あり、いろんな方に迷
惑かけていることを反省しながら、でもどこか嬉しいような気恥ずかしいよ
うな気持ちになりました。

また、この正月は帰省しなかったので、実家に泊まったのは1年とちょっと
ぶりくらいだったのですが、心身共に癒され、改めて実家のありがたみを感
じました。母親からは結婚の話と仕事の話ばかり聞かれるので、それは若干
ストレスなのですが、それだけ心配させているということなので、もっと頑
張らなきゃなとしみじみ思いました。

ちょくちょく転職の話も振ってきて、パフに就職したときには「あんたが決
めたことなら、もちろん応援するよ!」と言っていたものの、「親としては、
将来的には、やっぱり大きい名の知れた会社で働いてほしい」みたいな気持
ちがどうもあるようで、僕としては「そもそも社会人として世の中に出るこ
とを心配されるようなヤツが、大企業とかいろんな意味で絶対違うやろ!」
と思うのですが・・・まあこの4月から、弟が有名な大企業に勤めるので、
そっち方面の心配は、弟に任せようと思います。・・・僕は結婚ですね!笑

学生には、これまで通り「親の意見に左右されず、自分の信じた道を行け!」
と言おうと思います!

■ M E N U  ────────────────────────

┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃2┃「ビジネス数学」向上セミナーのご案内
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃3┃職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
┗━╋…─────────────────────────
┏━┓
┃4┃お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
┗━╋…─────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔:『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。

今回のベストアクセスページは、牧野の『アイデアをパクられる』でした。

都内でバーを営むご友人の話なのですが、それよりも女子高生だったころの牧
野さんが「幽霊生徒会執行部員」だったエピソードの方が気になってしまいま
す。というか、「幽霊生徒会執行部員」というワードのインパクトが強すぎて、
後の話が全然入ってきません。パフの20周年記念式典では、スタッフ全員が仮
装をする予定なのですが、牧野さんは幽霊生徒会執行部員役をお願いしようと
思います。

本題のブログの内容ですが、ネガティブな意味での「パクられる」というより
も、ポジティブな意味での「シェア」のお話です。

■続きはこちら(↓)
『アイデアをパクられる』(牧野)
http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/01/20/6231

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「ビジネス数学」向上セミナーのご案内
  公益財団法人日本数学検定協会・運営
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ビジネスシチュエーションの中で特に必要とされる数理的な考え方、新入社員
だけでなくすべてのビジネスマンに必要とされる「数学」的思考の向上に役立
つコンテンツとなっています。
自社の研修企画に向けた体験セミナーとして、ぜひご参加ください。

※パフのサイトよりご予約いただいた皆様には、通常10,000円の受講料が初回
 2名様まで無料となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■数的センス向上ミニセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇開催日:2017年3月22日(水)
     2017年3月27日(月)

〇時間 :14:00~17:10

〇会場 :産経新聞社東京本社

〇受講料:10,000円(税込)⇒初回2名様まで無料でご提供

〇セミナーのねらい

  (1)ビジネス数学の「5つの力」の向上
     -グループワークを通じてデータをつかむ「把握力」
     -使える情報に加工する「分析力」
     -数的根拠から最適解を選ぶ「選択力」
     -未来を予測する「予測力」
     -的確に伝える「表現力」

  (2)「ざっくり」と数字を使う数的感覚の養成

  (3)「じっくり」と数字を使う数的思考力の向上

〇申し込み:https://www.puff.co.jp/seminars/20170116/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネスで使える統計 講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇開催日:2017年2月14日(火)
     2017年2月22日(水)

〇時間 :14:00~17:10

〇会場 :産経新聞社東京本社

〇受講料:12,000円(税込)⇒初回2名様まで無料でご提供

〇セミナーのねらい

   統計データを活用する手法や考え方を学び、実践演習をこなすことで、
   ビジネスの現場で統計データを効果的に活用できるビジネスパーソン
   をめざすことを目的としています。

   [1] データを読む
   [2] 情報を伝える
   [3] よく使う分析
   [4] 実践演習

〇申し込み:https://www.puff.co.jp/seminars/20170116/

※満席の場合はお席をご用意できないことがございます。予めご了承ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.職サークル 100×10チャレンジ 最前線 『彼、彼女の学び』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社パフは「顔の見える就職と採用」をコンセプトに、1998年より、
『職サークル』をコア事業として続けています。その活動の一環として、
学生が、さまざまな業界のさまざまなキャリアの社会人に直接訪問する
インターンシップ、「100×10チャレンジ」を運営しています。

一つひとつの社会人訪問を通して学生が得た学びは「訪問レポート」として
記録されていますが、その中でも特に興味深いものを、私溝渕が厳選し、可
能な限り原文のまま、皆様にお届けします。

主な選定の基準は下記です。

■その学生の本音が文章から伝わる
■本質的な学びが得られている
■多くの学生の意見が集約されている

学生の今を感じてください!
----------------------------------------------------------------------

今回の訪問では、就職活動についてや自分の悩みを話しました。就職活動につ
いては、会社ごとに求めている人材が違う中で、求める人材になろうとするの
ではなく、そのままの自分でいられるまたはなりたい自分に合う会社を選ぶと
いう話をしてくださりました。今まで、つくろう、変えようとばかり思ってい
たけれど、自分がどういう人間なのかをしっかり分かった上で、内定をもらう
ためではなく、あくまで自分が活躍できる会社を選ぶための就職活動でなけれ
ば意味がないことを改めて感じました。就職できるかどうかの不安から、内定
をもらうことにばかり目がいってしまいがちだけれど、本来の目的を見失わな
いように意識しようと思います。

悩んでいることについては、正解はないから自分の優先順位に従って決めてい
こうと思いました。また、計画的にコツコツやるのは好きだけれど、臨機応変
な対応が苦手であることを相談したところ、臨機応変であるためには事前準備
・シュミレーションが大事になるとおっしゃっていたので、私にはシュミレー
ションがまだ足りていないのかなと思いました。

会社については、ソフトウェア=理系、というイメージから避けていたけれど、
見えないものだから話しながらつくっていくことや、文系の方が半分いて勉強
していけばできるようになるということを知って、視野に入れていこうと思い
ました。私は、目に見えるモノよりもヒトや見えないモノに興味があるのかも
しれないと思いました。(青山学院大学 女性)

☆★☆★☆

就職活動に対する考えを改めることができた。悩みすぎることは、返って良く
ない結果を生むことになるということや、企業の求める人物像に合わせるので
はなく、自分が持っている人物像が企業と合っているかが大事ということが心
に響いた。

今後は、私自身がなりたい将来の姿をイメージできるように、学生生活では様
々なことにチャレンジしていきたい。今回の訪問で、就職活動をポジティブに
考えることができた。(文京学院大学 男性)

☆★☆★☆

〇〇さんに頂いたお話は、今現在何をして良いか不安を抱いていた私にとって
大変心に響くものだった。これから就職活動をするにあたり必ず向き合わなく
てはならないESや面接、そこには全て正直な自分を表現することが大事だとい
う。自分の経験しかエピソードは作れない。だからこそ今は自分のやりたいこ
とや好きなことを突き詰めることが大切だということを学ぶことができた。

そして、特に印象的だったお言葉がある。それは、〇〇では生活用品ではなく
人を喜ばせるものを創る、だからそれを創る私達が楽しく創らなくてどうする。
私はそのお話を伺い、私自身もこのような考え方で働けるような企業に行きた
いと感じた。

今も、そして社会人になってからも正直な自分でいることの大切さ、そして今
の学生だからこそできる経験をたくさんすることの必要性に気付けた有意義な
時間だったと思う。まずは今やりたいことに全力で取り組めたらいいと思って
いる。(日本女子大学 女性)

☆★☆★☆

現時点での自分の好みで、業種や職種を選ぶのはリスクを伴う。就活前の今が
最後のいろいろな人や会社の話を聞ける機会であり、やってみて気付くことが
できる。その機会を無駄にするのはもったいないと感じ始めた。多少苦手な分
野にも果敢に、知ろうとする態勢が自分には足りないと思い始めました。

また、組織は目立つ、特徴のある人だけでは運営できず、目立たないような人
でも、会社の運営に必要であるという旨のお話を聞いて、こんな自分でも必要
な存在であると感じさせていただき、貴重なお言葉をいただいた。
(東洋大学 男性)

☆★☆★☆

面接で重視されていることは、面接官と言葉のキャッチボールができているか
どうかであるというお話を聞いて、基本的なことではありますが、コミュニケ
ーション力の重要さを改めて感じました。普段コミュニケーションを難なく行
っている人でも、急に目上の人と「面接」という形でお話をすることになれば、
誰でも上手くキャッチボールが出来ないことがあると思います。私も本日、初
対面の社会人の方とお話することとなり、自分が思っていたよりも恐縮してし
まっていることに気が付きました。私が今参加しているインターンシップは、
そのコミュニケーション力を磨くためでもあるので、〇〇様がおっしゃってい
た通り、本番の面接を迎える前にこういった機会を多く得られることは、他の
就活生よりも強みになる点であると感じました。

また、自分が成長できる企業のポイントをお聞きできたことも大きな収穫とな
りました。ご自身の就職活動の際は大手企業しか視野に入れていなかったとい
う経験談と現在をふまえて、会社に伸びしろがあるほうが自分の伸びしろも広
がるという見解を聞いて、自分が企業を成長させてしまおうという主体的な考
え方も、価値観の一つとして得ることが出来ました。(学習院大学 女性)

----------------------------------------------------------------------

就職活動に際して、学生は様々な不安や悩みを抱えながら、もがいています。
たくさんの社会人の、いろんな意見、お話を、真っ白な純粋な気持ちで受け止
めつつ、確固たる自分の信念や土台となる価値観を大切にしてほしいものです。

「自分には何の取柄もないと思っていたが、〇〇さんのお話を聞いて安心した」
とか、「就活の不安が和らいだ」とか、そんなレポートもよく見るのですが、
もちろん不安や悩みの解消も大切にしつつも、運営側としては、そこから先の、
新しい学び、気づき、発見をたくさん学生に提供できるように工夫しなければ
と思っています。

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/

【100×10チャレンジとは】
http://100ten.shokucircle.jp/about

【職サークルプレミアム倶楽部企画書】
http://www.puff.co.jp/premium

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.お知らせ! 『パフ設立20周年記念式典』やります!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社パフは、1997年12月12日に設立されました。今年2017年の12月には、
20周年を迎えます。いつも支えてくださっている皆様に感謝の気持ちを込めて、
盛大に記念式典を開催いたします!皆様ぜひお越しください!

【日程】2017年12月16日(土)

【場所】中央区立日本橋公会堂ホール
    http://www.nihonbasikokaido.com/hall

※その他詳細は鋭意企画中です。決定次第、順次お知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

──────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 溝渕 「セリカ、愛してるよセリカ」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
  お願いいたします。http://www.puff.co.jp/
     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール