News

最新ニュース

パフ通信 6月27日号 -物申す営業-

更新日:2018.6.27

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上です。

「一つだけ良いですか。その施策、ダメですね」。
先週、ある会社の採用担当者の方に営業訪問させていただいた際、私が発した
言葉です。

新入社員のとき。
「パフの営業は、時にお客様に“それは間違っている”と伝えることもある」と
先輩社員が言っていました。なぜなら、お客様の採用成功に一番近づく方法が
別にあるならば、きちんと伝えるべきだから。そう教わりました。

しかし、実際に営業をする中で、私には採用に対する知識がなく、お客様に対
等に意見が伝えられず、相手の考え方やお話に「そうですね」となんとなく相
槌をうってしまう自分がいました。
おそらく、自信のなさから相手に「それは違うと思う」と伝える勇気が出ず、
結局自分自身を守っていたのかもしれません。

パフに入社して1年と3ヶ月。
その間、多くの企業の採用担当者さまとお話し、採用とはなんぞやということ
をたくさん教えていただきました。
社内でも常に「良い採用とは何か」ということを議論し、考え続けています。

その中で、私なりに「こういう考え方や方法だったら、採用成功に近づくので
はないか」というものを持てるようになってきました。
もちろん、それが正解かどうかはわかりませんし、常に勉強し続けなければい
けないのですが、自分なりの考えを持ち、それを遠慮なく伝えることがお客様
の根本的な課題解決につながるような気がしています。

あえてお客様と対等な視点に立とうとすること。
きっと、この意識によってより良い営業になれると信じ、ただ、「ダメ」ではな
く、「もっとこうだったら」を伝えられる人になりたいと思います。

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U  ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃【無料セミナー】8月2日(木)開催
┃ ┃現役人事担当者による事例紹介セミナー『採用コロンブスの卵』
┃ ┃特別講演先行予約スタート!
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【コラム・第21回】
┃ ┃学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
┃ ┃「ホサカが思ったとおりにすればいい」
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。
今回のベストアクセスページは、石上の『駆け抜ける仲間、募集中!』でした。
ありがとうございます!

今月20日に開催した「職サークルシンポジウム」。
昨年は、毎年恒例となっている幕間の寸劇に参加したのですが、今年はパフの
採用担当として自身の採用活動を振り返りながら事例紹介をさせていただきま
した。

シンポジウム後の懇親会で、ある採用担当者の方が「採用担当は孤独」という
悩みをお話ししてくださいました。
採用担当者が少なかったり、社内の採用への理解が得られなかったり・・・。
今回、採用担当をして、私もそのお悩みが少しわかったような気がします。
そして、採用担当者同士、仲間になりたい!と感じました。

 ■続きはこちら(↓)
 『駆け抜ける仲間、募集中!』
 http://blog.shokucircle.jp/staff/2018/06/21/8043

 ■石上(カカ)ってどんな人?
 http://www.puff.co.jp/saiyo/members/ishigami/
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 【無料セミナー】8月2日(木)開催
現役人事担当者による事例紹介セミナー『採用コロンブスの卵』
特別講演先行予約スタート!
――――――――――――――――――――――――――――――――
「だれでもできそうなことでも、最初にするのはむずかしい」
「少しの工夫を加えるだけで、見違えるような結果が生まれる」
これは「コロンブスの卵」のエピソードに込められたメッセージです。

本セミナーでは、採用活動における「コロンブスの卵」のような、柔軟な発想
や逆転の発想で採用を成功された事例をご紹介します。

■内容
【採用コロンブスの卵 特別講演】
マイナビ×キャリタス就活 調査の達人によるスペシャル対談
「今、学生に支持されるインターンシップとは?」

※他の8つの講座は準備が出来次第、順次ご紹介いたします。

■講師
株式会社ディスコ キャリタスリサーチ
上席研究員 武井 房子(タケイ フサコ)

株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ部
部長 栗田 卓也(クリタ タクヤ)

■日時
2018年8月2日(木)11:00~12:15

■場所
東京都新宿区下宮比町2-12 神楽坂HCスタジオ
https://goo.gl/maps/PJ8ktPnUiyN2

■詳細・申込
https://jinjibu.jp/seminar/detl/49930/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第21回】学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
「ホサカが思ったとおりにすればいい」
――――――――――――――――――――――――――――――――

このコラムのテーマは「学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉」です。
毎回、パフやパフ社員に関わりのある方々にアンケート形式でインタビューし
ながら、その人の「今」をつくる言葉について迫ります。

第21回は、パフの保坂さんです。
若いうちから実力をつけたくてパフに入社した、新卒二期生の保坂さん。
「仕事の成果」にこだわる姿勢は社内でも断トツで、パフのサービスマネジメ
ントグループだけでなく、会社全体を支える要として日々働いています。

そんな保坂さんが社会人に言われて忘れられない言葉とは、一体・・・・?

-------------------------------------------------------------------------
1)誰に言われた言葉ですか。 
高校のときの数学の先生です。

2)いつ、どのように言われましたか。 
大学受験にあたり、コースを文系私大受験コースに切り替えようと、数学の
先生に相談した時でした。当時の私は数学があまり得意ではなく、数学を受験
科目に残すのは結構負担だな、と思っていました。しかし、私自身は数学の先
生が好きで、ご恩もあったので、数学を捨てることに反対されるかな、と
思って相談した時に言われました。

3)その言葉はどういう意味ですか。 
そのままですね。
「あなたが考えてそれでいいと思うなら、そうしなさい」という意味だと思い
ます。

4)その言葉を聞いた時、どう思いましたか。 
そっか、迷いは捨てよう、と思いました。

5)なぜその言葉が忘れられない言葉になったと思いますか。 
たしか、過去に何度もこの言葉を言われたことがあるような気がするからです。
小中学校の先生や演劇部の顧問、そして両親に。
ただ、数学の先生から言われた時だけ記憶にあるので、今回のエピソードを
忘れられない言葉として、私の中で認定しました(笑)

6)その言葉を聞いた後、すぐに行動したことはありますか。 
ホサカが思ったとおりにすればいい、と言われるたびに、迷いは捨てて、自分
が思ったとおり、努力して成果を出すようにしてきたと思います。あとは、
失敗しても成功しても、必ず先生たちに報告するようにしてきました。後悔し
てないですよ、と伝えたかったんだと思います。

7)今、思い返すとどう思いますか。 
思ったとおりにしてきてよかったと思います。本当はいくぶんかは後悔をして
いることもありますが、いつもたくさんの大人の方々が、後悔をしない選択を
私に促してくれたので、後悔できません。

8)これから、その言葉を胸にどんな人生を歩みたいですか。 
選択・決断をする際は、本当に自分自身がしたい選択なのか、自分自身に問う
ていきたいです。
私の場合、何かがあったらすぐ相談できる環境と、自分に判断を任せてくれる
大人がいたというのがとてもよかったのだと思います。私もそういう大人にな
りたいです!

-------------------------------------------------------------------------

私が仕事で悩んだり、迷ったとき、保坂さんに相談にいくと、「石上はどうした
いの?」と必ず尋ねられます。その瞬間、私は保坂さんに答えを求めにいって
しまっていたんだと気付かされます。きっと、世の中の多くのことは絶対的な
答えというものが存在しなくて、自分自身が「こうだ」と覚悟をもって判断す
ることが重要なんだと思います。

そして、それをいつも教えてくださる保坂さんは、これまでそうやって生きて
こられたんだと今回知りました。
そして、私自身も「自分がどうしたいか」を明確に持てるような人になりたい
と思います。

次回以降もどうぞお楽しみに!

【パフ 採用ホームページ】
https://www.puff.co.jp/saiyo/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「自分の判断に覚悟を」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール