• お問い合わせ・資料請求
  • TEL.03-5214-8282 受付/9:00~16:00(土日祝祭日休み)

Staff Column

スタッフコラム

もったいない精神で考える仕事用ノートPCのスペック必要十分条件

作成日:2022.5.20

ツル@よろずシステム担です。

4月1日からロックダウンされた街上海。
5日程度の予定が、1カ月半以上自宅軟禁生活が東京の人口倍の大都会で続いております。パラレルワールドのよう。。

かなりの人が参っている状況が絶賛軟禁中の家人より漏れ聞こえてきます。

先が見えない閉じこもり生活は、人の心を痛めつけます。
辛いけれど、不安は気にしないほうがかえって楽です。
そして規則正しい生活&運動習慣、栄養素としてはプロテイン(タンパク質)とグラノーラ(繊維質)の備蓄が役立ちます。

さて本日伝えたいこと。

新製品==高スペック、じゃないぞ。
マシンの気持ちに寄り添って、大切に使ってほしい。


です。

スペックは十分なのか?買い替え時なのか?の判断とPCスペックの優先順位についてです。

「重たいのは持ち運びが大変。」
「モニターが小さいと首が凝る。」
「すぐ固まるんですけど。くるくるしてます。」
「なんで中古なの?最新のほうがなんかよさそう。」
「バッテリーがもちません。」
「カメラ映りが悪いです。」
「冷却ファンの音がうるさいです。」
日々、ぶつくさ言われがちです。

弊社では東京オリンピック2020に在宅勤務が全員できるよう地味に準備していたら、2019年12月初旬に, 中国でコロナ第1例目が発生。

2020年1月頃~からパンデミックが始まり、今に至ります。
現在、全社員にモバイルノートPCを配布しています。

◆PCのスペックの考え方


シンプルに新製品でビジネス利用に耐えうるノートPCをそろえようと思ったら結構な出費です。私が筐体設計に惚れ込んでいるパナのレッツノートシリーズ、最新メモリ16GBの薄型モデルは30万円近くします。とても皆に新品は買えません。。スペック重視最低価格のPCは新品だと10万円以上は絶対いくので固定資産扱いになり、会計上も少々無駄。

(社長は買っていいと思っているかもしれません。私がケチなだけかもしれません。ただ地味にコスト削減に寄与しているつもり。)

改造可能な中古ノートPCを増強して、私なり基準ですが、ベスト「ケチ」プラクティスを編み出しているつもりです。

少ない予算でどれだけ快適な環境を用意するか?
スペックと予算の兼ね合いでこのように考えて選んでいます。

※デスクトップのほうがノートよりも断然サクサク動きますが、今は全社員ノートになのでノートについて。


1. 重さとサイズ


スペック上げるなら、重さを我慢して、1.5キロオーバーの15インチノートPCのほうが断然コスパ上がります。
営業はお客様先に行くのでやはり1キロ前後の軽量タイプを選んでいますが、軽量化した部材のほうが割高です。

2. バッテリー持ち


大容量が付け替え可能な電池のほうが持ちはよいです。
が、重くなります。軽量ノートPCは電池交換も複雑、困難なものが多いです。

3. HDDではなくてSSDに


スピードが全然違います。感覚的にですが倍くらい。
データの保存はクラウドでいいので256GBとかでも十分。
そしてHDDは飛んでしまう(物理的に壊れる)ことがちょくちょくありましたが、SSDはそんな話もあまりききません。

※大事なデータはクラウドやサーバにあるので、そもそも飛んだところでさほどダメージはないようにしておくべきですね。

4. メモリを多めに積む(8GBはMUST。16GBを標準にしたい。)


Chrome がなにしろメモリを食います。(Googleさん、なんとかして。)
16GBは欲しい。

5. GPUはゲームしたり動画を多く扱う場合できるだけ妥協しない


業務にはほぼ関係ありませんね。仕事用には無視していいです。

6. CPUは予算の範囲内でコア数重視で選ぶ


せめてCorei5の後半世代以降を狙いたい。
ここ10年くらいPCに搭載するCPUの性能は急激に上がっていません。
ムーアの法則の限界のせいでしょうか?
そして世界的な半導体不足のあおりで価格は高め推移しているため、PC全体の見た目の価格をおさえるために低いスペックのCPUがセットされているなんだか困った新製品も多くみられます。

ちなみに
Intel Core i7 発売日 8月2017 (4年前)の価格
発売価格 $409
今の価格 $827
部品単体だとこんな値上がり。ほんとかな?

CPUは経年劣化そうそうしない部品です。(オーバクロックとかで熱暴走したりは別)
つまり、型落ちの中古製品でも高スペックであれば十分に通用します。その方がお得です。

◆経年劣化するもの、物理破壊、故障しがちなもの


1.電池・バッテリー


シンプルに毎日使っていたら劣化します。
へたったら買い替えるしかないので付け替えしやすいタイプがよい。

2.液晶


液晶はかなりもちます。ブラウン管と違って。ブラウン管知らないかもZ世代。。
バックライトが暗いなと思ったらもう限界かも。
タッチパネルになっているものは手やペンでひっかくのでひび割れリスクが上がります。
弊社ではなぜか社員のうっかりにより毎年何台も割られます。。残念すぎる。。

3.USBなどのコネクタの接触不良
4.電源スイッチ
5.キーボード、マウス


軽量ノートPCのキーボードは割と繊細です。Surfaceなどタブレットに付けるタイプのキーボードはさらに弱めで壊れやすいです。飲み物などをこぼして壊れることもあります。食べ物のカスとかも隙間に溜まります。

指で良く触るところは壊れがちってことです。

◆新製品にくらべ中古が総じて機能そのものが劣るもの


1.液晶
2.カメラ


オンライン時代前はPCのカメラの性能に皆さんそれほど関心がなかったのですが、ここ2年半で急速に利用が増えたためユーザ側の関心がにわかに高まってしまいました。が、ZOOM等の補正機能も日々進化しております。ノーファンデでも補正すればツルツルお肌になりますよ。
(個人的に人類の美醜仔細に関心度低めなので、そもそもカメラ映りとか、テンションが上がらない。)

PCは毎日欠かさず使う仕事の仲間です。
マシンの気持ちに寄り添って大事に使ってほしいです。
次回はマシンをサクサクにするお掃除のコツあれこれにしようかな・・

★★おすすめ情報



5月31日:採用力が企業の未来を変える職サークルシンポジウム2022


実はセミナー紹介画面のページビューがここ一年ほどぐんぐん伸びております。
コーポレートサイトのよく読まれているページの上位はセミナー画面が占めています。
セミナー内容の充実はもちろんですが、Webマーケ方面も担当石河君が盛り上げてくれております。

多くの採用担当者様にとどきますように。