• お問い合わせ・資料請求
  • TEL.03-5214-8282 受付/9:00~16:00(土日祝祭日休み)

Staff Column

スタッフコラム

学生さんが気になる“コロナ禍の対応”を魅力的に伝えるポイント

作成日:2021.11.2

こんにちは!ヨコヤマです。

あっという間に11月ですね。

ついこの前まで9月だったのに…と驚いています。

 

さて、前回に引き続き本日も

学生さんへの情報の打ち出し方について書きたいと思います。


■学生さんも気になっている“コロナ禍の対応”


昨年頭から徐々に流行したコロナウイルス感染症。

 

採用活動においても

採用数や活動時期、採用手法といった面で

さまざまな影響が出てきているかと思います。

 

学生さんが回答したアンケートの中にも

21卒、22卒では“企業を見る際の観点の一つ”として

「コロナ禍における対応」が挙がっています。

■コロナ禍に“対応しているかどうか”だけでは差別化が図れない


コロナ禍に入ってすぐの21卒採用においては

早期から柔軟に対応を取った企業、徐々に対応した企業、

あまり対応をしていない企業とで分かれていたため、

それが差別化ポイントともなっていました。

 

しかしながら各社の対応が進んだ今、

ただ対応しているというだけでは

なかなか自社の良さを伝えるのが難しくなっていると感じます。

 

では、どうしたらよいのでしょうか…?

■対応の背景にある“意図や想い”を伝えることで自社らしさが見える


私が良いと思う伝え方は

コロナ禍での対応があるかないかだけでなく、

「その対応の背景にある意図や想い、工夫点」も合わせて伝えることです。

 

 

福利厚生や制度も、

就活を始めたばかりの学生さんからすると

「自分がいかに働きやすいか」のみで捉えられてしまうのですが、

 

人事の皆さんはご存知の通り、

福利厚生や制度には「その企業がもつ社員への想い」が詰まっています。

何を目指してその制度があるのか、どんなきっかけがあってつくったのか、

などを深掘ってみると、その会社独自の考え方や自社らしさが見えてきます。

 

コロナ禍の対応に関しても同じことが言えます。

「対応の背景にある意図や想い、工夫点」も合わせて伝えることで

その企業が何を大切にしているのか、

どのような特徴があるのか

どのような働き方をしているのかが見えてきます。

 

インターンシップや説明会などでの学生さんからの質問でも

よく出てくる項目ですので、

ご回答の際に一言付け加えることをおすすめいたします!