お客様との繋がりを
大切にする、私たち。
そんなお客様から頂いた
「パフについて」の
コメントです。

深尾勇紀さん
帝国インキ製造株式会社 / 総務部次長
  • 大岡の前々職の同僚。だが、お互い退職後の消息は知らず、たまたまの営業電話で再会してお取引が始まる。
    2019採用から全面的にご支援。職サークルにもご協賛いただき、月一回の勉強会はほぼ皆勤賞。結果、ほぼ社員全員と面識がある。

最良の
トレーナーとの
協働

学生と企業のことを第一に考えながら、採用に関わるすべての人に最適を導く協働をしていただける、それがパフさんの魅力です。

1.学生と企業へのスタンス
学生の良い所を見つけて伸ばしながら、社会人として必要なマナーや考え方を教えてくれます。企業の悩みに共感しながら、課題解決のために執るべき行動を明確に示してくれます。順調なときも辛いときもいつもそばにいて、伴走し続ける最良のトレーナーです。
2.皆が満足するサービス
職サークルを通じて、学生と企業は密なコミュニケーションを重ねます。学生は協賛企業が人を大切にする姿勢を、企業は学生が仕事と人生で叶えたい夢を、互いに知り合うことで信頼関係を築けます。採用支援の豊富な経験と熱い思いにより、特別な提案が得られます。
3.会社全体の親身な付き合い
当社の担当は主に3名の方々ですが、日常のやり取りやイベントでの交流でお付き合いがあるのは10名以上の皆さんです。採用に関する話だけでなく、趣味のバイク、好きなゆるキャラ、子どものこと、関西人同士だからわかる話等々、沢山の楽しい会話をしています。
4.学びの機会を提供してくれるメルマガ
一人ひとりに新たな気付きを与える言葉に溢れていて、毎号貴重な学びの機会になっています。読者のリクエストに応えるテーマ設定や、過去に私達とディスカッションした内容の文章化も行われ、編集長と読者が一緒に作り上げている作品と言えるかもしれません。

私自身、様々な業界に身を置きながら採用や人事に長年携わってきました。お互いが相手を尊重しながら率直に意見交換できる組織は、とても働きやすく全員がいつまでも成長し続けられる環境だと、実体験から感じます。パフさんには私の感じるすてきな環境が整っていて、その環境は日々更に向上を続けています。本稿をご覧になった貴方と、協働できる日を楽しみにしています!

曽和利光さん
株式会社人材研究所 / 代表取締役社長
  • 株式会社人材研究所 代表取締役社長、組織人事コンサルタント。日本採用力検定協会理事。
    京都大学教育学部教育心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライフネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務やコンサルティングを経験。
    パフとの付き合いは20年近くになり、研修講師や勉強会講師として度々ご登壇いただくなど頼りになりすぎるパートナー。
    http://jinzai-kenkyusho.co.jp/

「パフの
ポジティブは
伝染する」

パフさんとのお付き合いはかれこれ私が20代の頃から20年近くになります。
当時からずーっと思っていたのは、「パフ」=「ポジティブ」ということです。
なぜ、こんなに社員、社長が前向きなのか。根が暗い自分としては、パフの皆さんにふれているだけで気分が良くなっていくので、パフさんから来るイベントや飲み会などのお誘いは断ったことがありません。パフは私の精神安定剤です。

しかも、なかなかありえないことなのですが、お客様も素晴らしい。嫌な人がいません。
パフさんでやらせていただくセミナーや研修はいつもすごくやりやすいです。
パフさん以外では、研修などをすると、たいてい一人や二人はふんぞりかえった態度の悪いおじさんとかがいますが、パフにはいません。目が輝いています。
私の拙い話を聞こうとしてくれます。パフの仕事を断らない理由の一つです。

なぜこんなにパフはポジティブを周囲に撒き散らしているのでしょうか。
パフにふれあうと、ポジティブになるのでしょうか。これだけウォッチし続けているのですが、私にはまだわかりませんが、今のところの仮説では、社長以下、社員の皆さん全員が「正直」で「誠実」で「人を信じている」からかなと思います。
パフの人は、だから率直です。嫌味がありません。

そしてその背景には、「世界で、たったひとりのあなたのために」という理念がきちんと浸透していることがあるのではないかと思っています。人を信じてます。
私も曲がりなりにも小とはいえ会社の経営者です。いつか、パフさんのような素晴らしい文化を持つ会社を作ってみたいと、目標にしています。

転職を考えている方にお伝えしたいのは、パフを受けるのであれば、自分の中にある「会社性悪説」とか「仕事性悪説」を捨てるべきです。そんな人が入ると私のパフが濁ってしまうので、やめてほしいと思います。もちろん、パフさんも完璧な会社ではないでしょう(失礼)。ですが、「だからパフはダメ」ではなく「私がもっとよくしてやる」と思う人に入って欲しいです(すみません、どんな立場で勝手に他社の人間が言ってるのかと・・・)。そうすればパフという会社はきっとあなたの期待に応えてくれると思います。ぜひパフに入って、私のようなパフの周辺をうろうろしている人間とともに、一緒によい採用、よい社会を作る仕事をしていきましょう!