自転車操業物語 プロフィール
バックナンバー一覧へ
 
  第90話    「内定者が仕切った“キミは就職できるか?”」(その1)    
先週に引き続き、2000年11月11日(土)。

場所は福島・飯坂温泉の旅館の一室。

ボクの娘(当時小3)と、内定者タカノリとの、壮絶なポーカーバトルが、
繰り広げられていた。

「アヤちゃん、大丈夫やわ。タカノリの奴、たいした役もでけてへんクセに
突っ張っとるだけやわ。アヤちゃんのこの手やったら、絶対に勝つって!」

そういいながら、娘を励まして(そそのかして?)いるのは、同じ内定者の
フルカワアキコ(大阪出身)。

娘は、その言葉を信じて、最後のマッチ棒(コインの代わり)を積み上げた
のだった。


「さぁ勝負!」


皆、息を呑んだ。

まずは、うちの娘が、カードを並べた。


「おぉ!」


皆、どよめいた。なんとフルハウス、見事な役が成立していた。

この役なら、楽勝だろう。誰もが、そう信じた。


「ちょっと、タカノリ、早く出しなさいよ」

フルカワから、そう言われたタカノリは、少し躊躇しながら自分のカードを
前に並べた。


並べ終わった瞬間……。

時間が止まった。皆の息も止まった。周囲の景色も凍りついた。


「ま、まさか…、そ、そんなバカな……」


タカノリが並べたカードは、4カードだった。つまり、同じ数字のカードが
4枚揃っているのだ。

滅多にお目にかかれない、当然、フルハウスより上位にくる役だ。


娘は、周囲の気まずい雰囲気を察知して、自分の負けを悟ったようだった。

表情がみるみる変化していく…。顔が紅潮していく…。
目にはたくさんの涙が溢れそうになっている…。そして……。


う〜ん、ここから先は書けない。あまりにも残酷すぎる。

この後のことは、読者の想像に任せることにしよう。



以来、タカノリは、ずーっと(3年たった今でも)、ボクの娘はもちろんの
こと、ボクやボクのカミさんに気を遣うことになったという事実だけは、お
知らせしておこう。

そして、この旅行から帰ってしばらくの間、ボクは毎晩、復讐に燃えた娘と
ポーカーの練習をやるハメになったのだった。


……


さて、何事もなかったかのように、物語は先に進む。


旅行から帰ったボクと内定者の4人が、次に取り組んだ課題。

それは、イベントの開催であった。

パフ設立の翌年から行っていた就職応援イベント“キミは就職できるか?”。

これを、この年は内定者と一緒に作り上げていくことにした。


イベントの開催日は、2000年12月8日。もう、あと1ヶ月もなかった。


ボクは、イベント企画・運営責任者として、
内定者のヨシカワアユを任命したのだった。

(お、やっと新展開ですな。…つづく)

 
<<  前のコラムへ 次のコラムへ  >>
 
バックナンバー一覧へ