自転車操業物語 プロフィール
バックナンバー一覧へ
 
  第64話    「応募学生が続々とパフにやってきた!」    
2000年6月第3週目。

前の週から行っていた(火・水・木の3日間実施)、パフの会社説明会が
第2週目に突入した。

1日に2回開催していたので、すでに6回開催したことになる。
一週目の開催では、1回の平均参加者1名。
少ないときで0名。多いときでも2名しかいなかった(定員は7名)。

しかし、2週目の説明会は様子が違っていた。

たくさん学生が訪れるようになったのだ。

1回あたり満員という回もあった(でも平均は3〜4名くらいだったが)。

おそらく、ボクがメンバーメールを通じて学生を一喝したのが効いていたの
であろう。

来られない学生は、ちゃんとキャンセル手続きするようになった。
そして、空きが出た回には、他の学生が申し込んでくれた。


「へぇー、怒ってみるもんだなぁ…、こんなにたくさん来てくれると、説明
のし甲斐もあるってもんだ」と感心したものだ。



……ところで、このときのパフの選考は、おおむね次の通りだった。

▼1次選考:会社説明会&応募書類提出&ディスカッション

▼2次選考:筆記試験(SPI)&面談

▼3次選考:最終面接(1対1)


第1週目の説明会(1次選考)は、全日程の参加者を合計しても、わずか6
名しかいなかった。しかし、少なくとも1名は2次選考に呼ぶつもりだった。

その1名とは、東京経済大学の「ヨシカワアユ」という学生( 前号参照 )。
たった1名の状態での説明会だったが、ボクは彼女のおかげで、とてもノリ
ノリで説明会ができた。

それと、実はもう1名、通過させようかどうしようか、判断に迷う学生がい
た。

その名は、「ササキタカノリ」。
高崎経済大学の学生で、大学では応援団長を務めていたらしい。ただ、留年
しており、当時すでに5年生。髭の濃さは応援団っぽいのだが、小柄で猫背
で変な敬語(やたらにへりくだる言葉遣いで、ほとんどが文法上解析不可能)
を連発していた。

不器用そうで頼りなさげな男だったのだが、捨てきれない何かを持っている
気がした。通すかどうかは、2週目の説明会を終えたところで考えようと思
った。

……


ちょっと脱線したが、話は説明会の第2週目。

毎回、3〜4名の学生が参加してくれていた。

2週目の2日目の説明会だったと思う。その日の説明会には史上最多の5名
が参加していた。
さらに、もう1名、少し遅れて到着するという連絡のあった学生がいた。

関西の学生で、飛行機が遅れて到着し、浜松町から電話を掛けてきたのだ。

「なかなかしっかりとした丁寧な電話の出来る学生だったよ」と、
電話を受けたマルヤマ(当時唯一の社員、事務担当)が教えてくれたので、
楽しみにしながら、到着を待っていた。


説明会が始まって10分くらい経った頃。全員の自己紹介が済んで、
いよいよボクが会社の説明を開始するタイミングだった。

ドタドタドタドタと、入り口から一人の女子学生が入ってきた。

「も、申し訳ございません、遅くなってしまいました!」

そのコトバは、大阪の人間だとすぐにわかるイントネーションだった。

コトバのみならず、外見・雰囲気ともに、明らかに、その回に参加した
どの学生よりもクッキリと目立っていた。

その学生の名前は、「フルカワアキコ」といった。

(聞いたことのある名前が続々登場…。…つづく)

 
<<  前のコラムへ 次のコラムへ  >>
 
バックナンバー一覧へ