• お問い合わせ・資料請求
  • TEL.03-5214-8282 受付/9:00~16:00(土日祝祭日休み)

News

最新ニュース

【資料ダウンロード】最終選考前応援プログラム「スクラムミーティング」

更新日:2018.3.22

【志望度アップ事例紹介】 質問の主語を「You」から「I」に変える

ある会社さんが、説明会を2回に増やし、異なるプログラムを開催したところ、選考の応募者数が増えたという成果があったそうです。

1回目は、通常やっていた企業理解説明会。2回目は、学生自身が「本当に聴きたいことは何かを洗い出す」自己分析&徹底質問会。

2回目のプログラムは、弊社にてお手伝いしたのですが、そのポイントは、質問の主語を「You」から「I」に変えましょう!という内容でした。

学生に「質問してください」と投げかけると「貴社の事業の強みと課題を教えてください…」などと、どうしても会社(学生にとってはYou)が主語になってしまいます。

でも本来は、「私は●●なことを大切にして働きたいのですが、貴社ではどんなことを大切にして働く社員さんが多いですか?」と自分の大切にしたい価値観と照らし合わせた「I」で始まる質問をしてほしい。

なぜなら、それが本当に「自分に合う会社」を見つけるキッカケになると考えているからです。

企業の「良い」ところをたくさん知ると「良い会社」と思われます。
そして、企業と自分の「合う」ところをたくさん知ると、「好きな会社」になります。

「良い」という評価は、比較されやすくまた第3者の意見にも流されやすいものですが、「好き」という評価は、本人だけが決められる唯一無二の存在。

説明会から最終選考までのどこかで、この「I」を主語にした企業理解の場を設けられるか、またその視点を学生にもってもらうよう促せるかが、志望度アップの重要なポイントではないかと思っています。

資料ダウンロード

そんな考えをカタチにした、パフの運営する最終選考前イベントを今年初めてリリースしました。

その名も「スクラムミーティング」。

ご興味持っていただけましたら、以下のフォームに情報をご入力ください。
即時メールにて、資料をお送りします。

申し込みフォーム

[trust-form id=3663]