紹介者

同僚の
田代明久

同僚の田代明久

不器用なほどまっすぐに。
存在価値を問い続ける仕事人。

牧野 愛子(ニックネーム:まっきー)

サービスマネジメントグループ 
2015年 中途入社

自分の信じる道を歩んでいく。だから、いつも自分の気持ちに素直になって仕事に取り組んできた。そのまっすぐな姿勢は社内外を超え、公私にわたり多くの人の心を掴んでいる。

牧野 愛子 (ニックネーム:まっきー)

出会いの中で培ってきた
相手に寄り添う姿勢。

「とにかく、まっすぐな人だな。分かるまで色々と質問してくる」。これが同じチームにいて思うマキノさんの印象です。パフにはこれまでも多くの中途社員がいましたが、マキノさんほどバラエティに富んだ経験の持ち主は少なく、聞いていてとても興味深いです。キャリアのスタートは損保会社の一般職。電話で相手のココロを掴む交渉術はここで学んだのだとか。その後、縁あって人材業界に転職し、様々な求人メディアの営業に携わることになります。営業のイロハは、ここで身につけたのですね。また、IT業界での経験もあるので、エンジニアの仕事や気持ちもよく理解している。多くの人と仕事で関わってきたマキノさん。相手の立場を、深いところまで理解した上での発言が多いのは、きっとこれまでのキャリアの中で様々な人の気持ちに寄り添ってきたからなのだと私は思います。

そんなマキノさんが、パフに入社をする決め手はなんだったのか。それは「パフがお客様に提供する商品やサービスが良かったから」だと言います。面接時に社長のクギサキさんに「パフの商品を見せてください」とお願いしたところ「学生のイベントをやっているから見ていく?」と言われたことが発端でした。その日、社会人と学生が膝を突き合わせて交流する座談会イベント【くだんトークナイト】を見学。イベント風景を見て「大人が社会のこと、会社のことを伝えられる場があるのはいい」と純粋に思ったんだとか。マキノさんは入社後も「学生イベントの企画運営に携わりたい!」と手を挙げてくれたのですが、きっと入社前に見たこの光景が頭の中に焼き付いているのでしょうね。

出会いの中で培ってきた相手に寄り添う姿勢。

これまで経験したことがない
ちょっと珍しい会社だった。

「マキノさんは色々な会社を見てきたと思いますが、約1年働いてみて、パフってどんな会社ですか?」。自分、この前、聞いてみたんですね。面白い回答が沢山出てきたのですが、大きく分けると3つあるようです。一つは「親切な人が多い」。マキノさんいわく「お節介で厚かましいぐらい」だとか(笑)。確かに、やたらと人に関わろうとする社員が多いかもしれません…。もう一つは「女性が強い」こと。パフの良さを表すキーワードとしてよく扱われる“平等”というレベルを通り越して、明らかに“強い”。まぁ、女性が強い会社というのは、今の時代に合っているので、良いことではないでしょうか。…ハイ、その通りだとオモイマス(汗)。そして最後に「どんどん意見を求められる」こと。自分が出したアイデアや意見が「よし、やってみよう」とすぐ実行に移される。

そういった「主体性大歓迎!」なパフの社風は、マキノさんのキャリアの中でも際立っているみたいです。
これまでの会社にはあまりない珍しい文化に直面してきた訳ですが、パフに入って苦楽も沢山経験しました。“自分の存在価値”について常に問うているマキノさんは「嬉しかったこと?それはやっぱり営業として仕事が取れた時でしょう」と即答。反対に悔しかったことは、入社後の半年間、思うように仕事ができずに周りに迷惑をかけてしまったことだとか。常に自分のミッションや役割を意識されているマキノさんならではの答えだと思いました。まだまだ道半ば。もがき苦しむことも多いはずですが、マキノさんならやってくれると私は信じています。

これまで経験したことがないちょっと珍しい会社だった。

本人から一言

手間がかかることをやっているから、あえて、パフ

私は自分のことを「良くも悪くもウソの付けない人間」だと思っています。本当、正直で不器用なんですよ。そんな話をタシロさんにしていたら「マキノさんって、高倉健ですね」って言われちゃって。パフの生活は喜怒哀楽が沢山あって一日が終わると本当疲れるのですが(笑)、これからも、まっすぐに頑張って「自分、不器用ですから」と胸張って言えるような存在になりたいです。

背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ
背景モチーフ