News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信 11月29日号 -バカの壁-

更新日:2017.11.29

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上です。

今月の半ばに、半日間かけてパフの全社研修を行いました。全社といっても
総勢で13名ですが、「自己変革」をテーマにこれからの生き方や働き方につい
て考える時間をもちました。

自分が理想とする自分の姿とは。

一カ月ほど前に、全社会議で掲げた私の理想は「自走できる人」でした。
今回の研修では、私のその理想に対して、自分から見た自分を述べたあと、
社長含め全社員からフィードバックをもらい、自分の理想
像を再設定しました。

「20名の会社だからこそ、自立することは大切だ」「新入社員だからこそ、
周囲の人を頼りながら、自分の能力を高めていくほうが良い」「自分の成果が
会社にどう貢献されるのか考えてみてはどうか」など、多くの考え方をもらい
ながら、私が出した次なる理想は、「会社を自走させることができる人」。

自分ひとりで考えた最初の目標には、早くひとり立ちして、周囲の先輩社員に
迷惑をかけないようにしなければ、と焦る気持ちが見え隠れしていました。
しかし、今回の研修を通じて第三者の視点で見た「イシガミ」を知ることで、
その焦りが不要であることや、協働するとはどういうことか、を気づかされました。

思い返せば、一年前、自己分析のために、周囲
の人に話を聞いたり、議論したりする中で「自分はどんな人間か」「どんな社会
人になりたいか」ということを考えていました。
自分ひとりで「私はこんな人間だから、こういう生き方をすべきだ」と考える
のではなく、先輩後輩関係なく多くの人からフィードバックをいただき、今の
自分の位置を確認したうえで、自分の理想を設定する。
「自分の理想像は、自分だけでは分からない」と気付いた一日でした。

それでは「パフ通信」、今号も理想を追い求めながらスタートです!


■ M E N U  ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃【曽和利光氏登壇】2017年12月8日(金)開催
┃ ┃社内人材の戦力化で新卒採用は勝てる!
┃ ┃面接官・リクルーターによる魅力付けの極意
┃ ┃https://www.puff.co.jp/seminars/20171208/
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【新コラム・第7回】
┃ ┃学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
┃ ┃『仕事力より人間力』
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。
今回のベストアクセスページは、平原の『私の取扱い説明書(取り扱い注意)』
でした。


 ■続きはこちら(↓)
 『私の取扱い説明書(取り扱い注意)』
 http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/11/15/7225
 ■平原(ピラ)ってどんな人?
 https://www.puff.co.jp/saiyo/members/hirahara/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.有名講師多数!“採用力向上”研修
【職サークル】採用担当者向け勉強会(有料)のご案内
https://www.puff.co.jp/seminars/20171208/
――――――――――――――――――――――――――――――――
採用成功に向けて最も大切な、「採用力」。
その向上を目指して、様々な最新情報、ノウハウの習得と実践的なトレーニン
グを交えた講座を随時実施して参ります。

今や学生広報の最有力手法となりつつある「リクルーター」による活動。
学生の志望度を最も左右する「面接官」という存在。
採用活動のキーパーソンとなる社員たちに何を伝え、どう行動を促すべきか。
採用のプロである曽和氏をお招きして、実践的なノウハウを伝授します。

【詳細】
・日時2017年12月8日(金)15:00~18:00(受付開始:14:45~)
・会場:職サークルセミナールーム
・住所:東京都千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル 7階
・地図:https://shokucircle.jp/access.html
・最寄り駅:九段下より徒歩5分、飯田橋より徒歩7分

【プログラム】
■講義
・現在の新卒採用におけるリクルーター・面接官のあるべき姿
・新卒採用における構造的変化について
・いかにして関心の薄い優秀層を自社に志望させるか
・リクルーター、面接官の役割
■ワークショップ
・磨くべきフォロートーク
・入社動機
・事業・仕事内容
・社風
・カウンタートーク

【参加料金】
■一般企業様
1名につき30,000円(税別)
■職サークル「基本」「プラス」ご参画企業様
1名につき15,000円(税別)
■職サークル「プレミア」ご参画企業様
無料

【講師】
■曽和 利光 氏
株式会社人材研究所 代表取締役社長、組織人事コンサルタント。
京都大学教育学部心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライ
フネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の
責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務やコンサルティングを
経験。著書に「『ネットワーク採用』とは何か」(労務行政)など。

【申込み・詳細】
https://www.puff.co.jp/seminars/20171208/

ご質問は、下記までお問い合わせください。
■お問合せ先/セミナー当日連絡先:
株式会社パフ セミナー運営事務局 http://www.puff.co.jp/
tel: 03-3662-8011 E-mail: information@puff.co.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第7回】学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
『仕事力より人間力』
――――――――――――――――――――――――――――――――
このコラムのテーマは「学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉」です。
毎回、パフやパフ社員に関わりのある方々にアンケート形式でインタビュー
しながら、その人の「今」をつくる言葉について迫ります。

第7回は、メルマガ編集長カカの後輩で京都の大学4年生、吉冨佑亮さんです。
彼は3年生の時に半年間ドイツに留学し、帰国後、大学を休学して今年の4月
からドイツ系企業の長期インターンシップでマーケティングを学んでい
ます。

インターンシップに応募したのは、留学中にドイツ人の学生生活や就職活動に
驚いたことがきっかけとのこと。ドイツ人学生の大半が’’Urlaub Semester’’
「休学」制度を用いて1~2年間、企業の長期インターンを行い、就労経験を
通じて適性を見極め、入社後すぐにスキルを発揮できるようにするそうです。
彼は、今年3月の帰国後すぐに就職活動をする予定だったのですが、日本とは
異なるドイツの就職活動に魅力を感じ、自動車業界で働いてみたいと思った
ため、長期インターンシップに応募しました。

そんな吉冨さんが、社会人に言われて忘れられない言葉とは・・・?

-------------------------------------------------------------------------

■学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
『仕事力より人間力』

1)誰に言われた言葉なん?
私の父親です。父はどちらかというと口下手で、世間体をあまり気にせず自分
の好きなことを好きなだけ没頭するタイプです。また、私が興味を持ったこと
(スポーツ、留学、インターンによる休学など)に対しても、何事もトライ
させてくれるような人です。

2)その言葉はいつ言われた?
今取り組んでいるインターンシップを始めるにあたって、仕事上のアドバイス
として言われました。

3)その言葉はどういう意味?
仕事ができるできないということよりも、信頼できる人間性を兼ね備えている
ほうがチャンスや出世に恵まれるという意味です。父は昔からあまり人と話す
方ではなく、開発部門で仕事をしていて、特にコミュニケーション力や人の心
を動かしたりする必要がないと感じていたそうです。しかし、長く働く中で、
仕事の出来栄えにかかわらず、人間力が大きなチャンスに繋がるという経験があり、
それ以降は「仕事は人間力が基本だ」と考えるようになったそうです。

4)その言葉を聞いた時、どう思った?
会社に勤めて仕事をしたことがなかったので全く感覚がわからず、
聞いた当初は特に深く考えなかったです。でも、なんとなく頭の片隅に
人間力が大切なんだなと思いました。

5)なんでその言葉が「忘れられない言葉」なんかな?
インターン先の企業で全く同じことを言う上司に出会ったからです。インター
ンを始めて2ヶ月が経ったとき、イベントの出張先で他部署の本部長と食事を
する機会がありました。その際、「仕事ができる以上に、どんな人間であるか、
ありたいかが大切だ」とおっしゃっていて、なんとなく片隅にあった父の言葉
が思い出されました。

6)その言葉を聞いた後、すぐに行動したことはある?
とにかく周りの方に信頼してもらえるように、頼まれた仕事や言われた
ことはすぐに着手するようにしています。父が言った「人間性」とは何か、
まだ完全に理解は出来ていないですが、「卑屈にならない」ことを念頭に上司や
周りの人とコミュニケーションをするように心がけています。

7)今、その言葉についてどう感じる?
若手のうちはいきなり大きな仕事に巡り会う機会は少ないと思います。
だからこそ、チャンスを掴み取るには、日々の愚直な取り組みや
信頼関係の構築など、小さなことの積み重ねが肝心だと思います
。インターンが始まってからは、社内外問わず想像以上に多くの人と関わる
機会があり、人と
のコミュニケーション、信頼関係があってこそビジネスが成り立っていると
感じています。

8)その言葉によって何か変わったことはある?
花形な仕事に飛びつくのではなく、地道なことを確実に、丁寧に行うように
心がけるようになりました。
人との出会いを一期一会だととらえて、その瞬間を大切にするようにしていま
す。時には厳しい指導を受けますが、ポジティブに捉えるように心がけ、前向
きな姿勢でいることで、正社員のように扱っていただけるようになりました。
今ではプロジェクトの企画段階から担当させてもらっています。
これからも父の言葉を常に頭の片隅に置きながら、今後の
学生生活、就職活動、社会人生活を過ごしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------
高校生の時から始めたボクシングでプロを目指したり、ドイツ語を学びたい!
と思って留学をしたり、やる、と決めたことはとことんやり抜く吉冨さ
ん。そのひたむきさの裏側には、父親の存在があったんだと知りました。彼の
その姿勢は友人たちにも良い影響を与えていて、彼の周りには「自分を
持った“実は”アツい人たち」がたくさん集まってきます。

来年4月から大学に戻り、勉強はもちろん、就職活動も始める吉冨さんはこれ
からどんな新しい道に突き進んでいくのでしょうか。

次回以降もどうぞお楽しみに!

【パフ 採用ホームページ】
https://www.puff.co.jp/saiyo/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「なんてことない、話せばわかる。」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-3662-8011

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール