News

最新ニュース

メールマガジン

パフ通信 10月11日号 -きっと、大丈夫-

更新日:2017.10.11

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガの編集長、株式会社パフの新入社員「カカ」
こと石上です。

10月。神無月。
先週は内定式を行った企業も多いのではないでしょうか。
私も1年前、内定式で初めてパフ社員全員と顔合わせをしたことを強く覚えて
います。

どんな仲間と働くのか。
選考や内定者懇親会とは異なり、内定式に向かう学生の目的は「内定先の企業
を選んだ自分との答え合わせ」だと私は思います。
内定式が終わったら、仲の良い友人たちとLINEで「同期と仲良くなれそう!」
とか「選考中には会えなかった先輩社員が自分たちの入社を楽しみにしてくれて
いて安心した!」という感想を互いに送り、自分の内定承諾という選択の
安心材料を見つけていました。

一方で、「同期のレベルが自分より高くて不安になった・・・」「内定式がなか
った」「内定式後の懇親会の雰囲気についていけなかった」といった不安材料が
見つかる場合もあり、「会社に馴染めなかったらどうしよう」という友人の相談
にのることもありました。

でも、社会人になってみて、この「答え合わせ」をするということ自体、間違って
いるんじゃないか、と思えてきました。
自分の意思決定が本当の正解かどうかは誰にも分かりません。結局は内定承諾
とは自分の選択を「正解にする」という覚悟を持てるか。
覚悟を持てれば、「同期のレベルが自分より高くて不安になった・・・」では
なく、「同期のレベルが自分より高く、自分がレベルアップできる環境がある」
という捉え方になります。

入社を決意するということは、「選択が間違っていなかったかを確認する作業」
ではなく、「この選択でやっていくんだと覚悟を決める」ことである。
社会人になった今、内定者には、そう伝えていきたいです。

それでは「パフ通信」、今号も編集長の使命と覚悟を持ってスタートです!

■ M E N U  ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃【10月17日】セミナー2本同日開催!
┃ ┃・【海老原嗣生氏登壇】人材定義と効果的な選考手法セミナー
┃ ┃・【育てる採用】中小企業だからこそできるオリジナルの採用の実現!
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【新コラム・第4回】
┃ ┃学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
┃ ┃『あなたの努力を思い出して、私も頑張ります。』
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。
今回のベストアクセスページは、平原の『10年間での成長と変化』でした。

パフ新入社員の私にとっては衝撃的な写真で、思わず見入ってしまいました。
ちなみに、10年前は、私・カカは13歳・中学2年生でした。

■続きはこちら(↓)
『10年間での成長と変化』
http://blog.shokucircle.jp/staff/2017/09/20/7051
■平原(ピラ)ってどんな人?
http://www.puff.co.jp/saiyo/members/hirahara/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2. 【10月17日】セミナー同日2本開催!
・【有料】海老原嗣生氏による職サークル勉強会
雇用のカリスマによる目からウロコの着眼点。自社にマッチする人材の見極め方
https://www.puff.co.jp/seminars/20171017/
・【無料】採用成功事例ご紹介セミナー
「大手企業と比較されない。社員20人の会社が内定承諾率100%を
出した採用手法はこれだ!」
https://www.puff.co.jp/seminars/201710171300/
――――――――――――――――――――――――――――――――
8月3日に開催いたしましたセミナー「採用コロンブスの卵」で大変ご好評を
いただきました講演を再演致します。
ワークショップ形式で、コミュニケーションをとりながら自社の
採用戦略を考える機会もありますので、ぜひご参加ください。

<【有料】海老原嗣生氏による職サークル勉強会>
【日時】10月17日(火)15:00~18:00(受付:14:45~)
【場所】職サークルセミナールーム(千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル7階)
https://shokucircle.jp/office/index.html#seminarroom
【登壇者】株式会社ニッチモ 代表取締役 海老原嗣生氏
【テーマ】雇用のカリスマによる目からウロコの着眼点。自社にマッチする人材の見極め方
【参加料金】・一般企業様 1名につき30,000円(税別)
・職サークル「基本」「プラス」ご参画企業様 1名につき15,000円(税別)
・職サークル「プレミア」ご参画企業様 無料

【申込み・詳細】https://www.puff.co.jp/seminars/20171017/

<【無料】採用成功事例ご紹介セミナー>
「大手企業と比較されない。社員20人の会社が内定承諾率100%を出した
採用手法はこれだ!」
【日時】10月17日(火)13:00~14:30(受付:12:45~)
【場所】職サークルセミナールーム(千代田区飯田橋1-5-9 精文館ビル7階)
https://shokucircle.jp/office/index.html#seminarroom
【プログラム】
・学生が入社先を決める意思決定プロセスのメカニズム
・「自分が働く×活躍するイメージがわく」選考設計のポイント
・承諾率を高める「相手目線」の内定クロージング手法
【申込み・詳細】https://www.puff.co.jp/seminars/201710171300/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第4回】学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
『あなたの努力を思い出して、私も頑張ります。』
――――――――――――――――――――――――――――――――
8月からスタートしているこのコラム。
テーマは「学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉」。
毎回、パフパフ社員に関わりのある方々にアンケート形式でインタビューし
ながら、その人の「今」をつくる言葉について迫ります。

第4回は、パフの内定者2名のうちの一人、阿久根美咲さんです。
ミュージカルや歌うことなど、文化的なことが大好きな彼女はたまたま知った
パフという会社の選考を通じて、何度も自分と向き合った末、
入社を決めました。
そして、この夏から既に内定者インターンシップとして、週に3日ほどパフ
出社し、営業としてパフと企業様の新しいご縁探しをしています。

彼女の第一印象は、「頑張り屋さん」。
人と議論することを嫌わず、むしろ楽しいと言って「ああでもないこうでも
ない」と考えながら、実践に移し、自分の成長につなげています。
そんな阿久根さんが社会人に言われて忘れられない言葉とは、一体・・・?

-------------------------------------------------------------------------

■学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
『あなたの努力を思い出して、私も頑張ります。』

1)誰に言われた言葉なの?
高校三年の時の担任の先生からです。

2)いつ、どのように言われた?
卒業アルバムの寄せ書きに書いてくださいました。

3)その言葉はどういう意味?
「誰にも頼れなくて辛いと感じるような時があっても、誰かが必ずあなたを見ているよ」という
意味だと捉えました。

4)その時どう思った?
私のことを見ていてくださってたんだ、とすごく嬉しかったです。
それと同時に、高校生活でベストを尽くせたんだ、と心から納得しました。

5)なぜそれが「忘れられない言葉」になったのかな?
格好悪くとも、一歩ずつでも歩むこと。ただそれだけで誰かの心を打つ事が
出来るんだと深く感動したからです。
大学受験を控える中、とても悲しい出来事があり、勉強に集中出来ない時期が
ありました。泣きながら先生に相談した高校三年生のあの日から、その先生に
この言葉をいただくまで、ずっと「明るく元気でいられない自分を隠したい」
とばかり思っていた私には忘れられない言葉です。

6)その言葉を聞いた後、阿久根さんの中で何か変わったことはある?
先生が私にしてくださったように、私も、周りにいる大切な人達を見守ろうと
いう思いが芽生えました。その人にとって、辛かったり苦しかったりする“闇”
の時期であっても、「大丈夫だよ」とエールを送るんだと心に決めました。

7)今思い返してみてどう思う?
この言葉がいつでもお守りのように私を支えてくれていると感じます。そして、
一生をかけて、私も大切な人達に対してこの言葉をプレゼントし続けたいと
思います。

8)これからはどんな人生を歩みたい?
自分の為に頑張るのも良いけれど、「誰かのために頑張りたい」と思います。
誰かのために努力して、その人と一緒に喜ぶ。そんな風な人生を歩んで
いきたいです。

-------------------------------------------------------------------------

「誰かのために努力して、その人と一緒に喜ぶ。
そんな風な人生を歩んでいきたいです」。

この言葉に込められた阿久根さんの愛のあるパワーは未知数です。
そしてその原点となった高校の先生こそが、「誰かのために努力して、その人
と一緒に喜ぶ」ことを体現なさっているように思いました。

次回以降もどうぞお楽しみに!

パフ 採用ホームページ】
https://www.puff.co.jp/saiyo/

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

【100×10チャレンジとは】
http://100ten.shokucircle.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「気が付けば、私の隣に秋が来た。」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-3662-8011

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール