News

最新ニュース

パフ通信 8月8日号 -あえて、パフ-

更新日:2018.8.8

日ごろお世話になっている皆様へ
株式会社パフより
───────────────────────────
このメールは、株式会社パフの社員・スタッフが名刺交換をさせていただいた
企業の人事・採用ご担当者様にお送りしております。【配信停止】をご希望の方
はこのメールの返信でご連絡くださいますよう、お願いいたします。
───────────────────────────

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
本メルマガ編集長のカカこと石上です。

前任の吉川からメルマガ担当を引き継いで、一年が経ちました。
お忙しい中、このメルマガをお読みいただいているすべての皆さまに、私・石
上より心から御礼申し上げます。
これまで月2回・計24通のメッセージを送らせていただき、中には感想やコ
メントを頂戴することも多々ありました。(本当に励みになり、嬉しいです!)

遡ること、一年前の2016年8月。
私が内定者の時、当時のメルマガ内で「学生のイマ」を伝えるコラムがあり、
そこで自分自身について一度だけ書かせていただきました。

それから2年が経ち、メルマガ執筆から1年。
今号から数回にわたり、改めて私・カカ自身について触れてまいりたいと思い
ます。
お付き合いいただけますと幸いです。

私とパフの出会いは2015年12月でした。
それは学内セミナーに参加した時のこと。企業の人事の方4名とコーディネー
ター1名の他にはないパネルディスカッション形式のセミナーでした。私はそ
こである人に目がいってしまいました。
それが元パフ社員で今はコーディネーターというお仕事をされているIさんで
す。
Iさんの空間づくり、話の進め方、言葉の扱い方に惚れた私は、横に並んでいた
企業以上にIさんのことを知りたくなってしまいました。

帰宅後、すぐにネットでIさんの素性(笑)を調べましたが、Iさんの会社では
新卒採用をなさっておらず(社員はご本人1人の会社でした)、調べていくうち
に、独立される前の会社、つまり「パフ」にぶつかりました。

「あえて、パフ。」

そんなキャッチフレーズと共に、社員全員のインタビューが掲載されている
パフの新卒採用ページ。
ベッドの中で、横になりながら、パフの新卒採用ページを読んでいた私の目に
は、なぜか涙が…。
こんなにも社員同士が相手とのエピソードを語り、尊敬しあって、一人ひとり
が自分だけの役割を担っている会社があるんだ、ということに感動したのを
今でも覚えています。

なぜパフがここまで私の琴線に触れたのか。次回に続きます。

それでは「パフ通信」、今号もスタートです!

■ M E N U  ──────────────────────
┏━┓
┃1┃パフ社員の素顔
┃ ┃『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃2┃HR proサイト運営のProFuture株式会社が開催する
┃ ┃「大学と企業の合同相談会」キャンリクフォーラムのご案内
┗━╋…────────────────────────────
┏━┓
┃3┃【コラム・第24回】
┃ ┃学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
┃ ┃「何もしなくてもある程度やっていける, it's not true.
┃ ┃You still need to use time, power, and stride.」
┗━╋…────────────────────────────

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.パフ社員の素顔 『スタッフブログ、先週のベストアクセスページ』
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフの全社員が日替わりで書いている『パフスタッフブログ』。
今回のベストアクセスページは、鬼丸の『<ご挨拶>はじめまして、鬼丸と申
します。』でした。

今月1日付でパフに新たにジョインした鬼丸さん。一発目からベストアクセス
を叩き出しました!
先日開催した歓迎会で「組織に馴染むことが苦手です!」と素敵な笑顔で言い
切る鬼丸さんは、パフの新たな戦力として営業を担当します。
これまでのキャリアやジョブチェンジが豊富で、個性爆発、知れば知るほど
面白い鬼丸さんを、皆さまどうぞよろしくお願いいたします!

ちなみに・・・
株式会社パフ、中途採用サイトもできました!
https://www.puff.co.jp/carrer/index.html

 ■続きはこちら(↓)
 『<ご挨拶>はじめまして、鬼丸と申します。』
 http://blog.shokucircle.jp/staff/2018/08/03/8222

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.HR proサイト運営のProFuture株式会社が開催する
「大学と企業の合同相談会」キャンリクフォーラムのご案内
https://www.hrpro.co.jp/cf_201810_pf.php
――――――――――――――――――――――――――――――――
パフのパートナー企業で、日本最大級の人事ポータル「HR pro」サイトを運営
するProFuture株式会社。

今回は、ProFutureが2011年から開催してきた「キャンリクフォーラム」の
ご紹介です。
言うならば、「大学と企業の合同相談会」。
今年6月に第14回を開催し、大変好評だったため、第15回目を10月4日に
開催することが決定致しました!
「大学との関係構築が最重要施策」とされる中、大学との新しい関係構築の場
としてご利用ください。

「大学と企業の合同相談会」では、2020年卒採用に向けた
●インターンシップ募集
●業界研究セミナーへの参画相談
●OB・OG懇談会への参画相談
●学内企業セミナーの情報収集
などの他、引き続き2019年卒獲得のための
●求人相談
●今後開催される学内企業セミナーへの参画相談
をしていただけます。

個別の大学キャリアセンターブースにて、各校の部課長や担当者と1社ずつ
じっくり相談できます。
首都圏の大学だけでなく、全国から50の人気大学が一堂に集結しますので、
半日で効率的に大学関係者と関係構築をしていただけます。

■詳細
・開催日 2018年10月4日(木)12:50~18:00
・会 場 UDX GALLERY(秋葉原・UDX 4F)
東京都千代田区外神田4-14-1
・交 通 JR「秋葉原駅」電気街口徒歩2分
東京メトロ銀座線「末広町駅」1番出口徒歩3分、
東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」3番出口徒歩4分
つくばエクスプレス「秋葉原駅」A1出口徒歩3分
・参加大学 50大学(予定)
・内 容
12:50~13:00 当日分面談予約
13:00~17:35 面談タイム
大学別個別ブースを自由に回って各種求人相談(1回15分以内)
各大学の参加者は1~3名、複数名参加の場合には並行して複数社が面談可能
です。
※2019年卒採用の求人の場合には、ぜひ求人票(様式自由)をお持ちください。
17:35~18:00 名刺交換タイム
(面談タイムに予約が取れなかった大学と自由に名刺交換をしていただけま
す。)
・料 金 基本参画料金  18万円(税別・2名まで参画可能)
※2名で別々に行動された場合、15~20大学と面談可能

■お申込み
 https://www.hrpro.co.jp/cf_201810_pf.php
 締め切り 2018年9月27日(木)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.【第24回】学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉
「何もしなくてもある程度やっていける,it's not true. You still need to use time,
power, and stride.(これは真実じゃない。時間をかけて努力をし、常に前進
していく必要がある。)」
――――――――――――――――――――――――――――――――

このコラムのテーマは「学生時代に社会人に言われて忘れられない言葉」です。
毎回、パフやパフ社員に関わりのある方々にアンケート形式でインタビューし
ながら、その人の「今」をつくる言葉について迫ります。

第24回は、東京外国語大学4年生の岡崎葉澄さんです。
彼女は昨年、バリ島へ留学とインターンシップをするために、大学を一年間
休学していました。
大学ではインドネシア語科に所属し、バドミントンに熱中している岡崎さん。
実は、来春4月から株式会社パフに入社する内定者です!

そんな岡崎さんが社会人に言われて忘れられない言葉とは、一体・・・・?

-------------------------------------------------------------------------
1)誰に言われた言葉なん?
大学休学中、インドネシアのバリ島に留学した後、ヌサドゥア地区にあるホテ
ルで、日本人GRO(日本語を話せるコンシェルジュ)として半年間インターン
シップをしていました。
その当時、フロントオフィスマネージャーをしていた、ミャンマー人のアムリ
ットさんに言われました。

2)いつ、どのように言われたん?
私の日本人GROの契約がもうすぐ切れるという時期でした。
アムリットさんは忙しい中、私たちをご飯に連れて行ってくださいました。
英語がそこまで堪能ではない私たちに配慮してか、終始こちらの質問等に答え
つつ、ご自身のこれまでのキャリアやそれから学んだこと、大切にしているこ
とを沢山話してくれました。

3)その言葉はどういう意味やったんかな?
実は「何もしなくてもある程度やっていける」という部分は、帰宅後になんと
なくニュアンスを思い出し、日本語でメモしてしまったので原文は覚えていま
せん。後半の部分は、「人は経験を積み、知識を持ち、役職が上がっても、本当
に価値あるものを生み出そうとするならば、時間と力を注いで前進する努力、
苦労をしなければ叶わないのだ」というようなことだったと思います。

4)その言葉を聞いた時、どう思った?
経験を積み、知識と能力が身についている人は皆、相応の努力をし続けている
んだと気付きました。インターンシップの日々はとてもツラく、二度とするも
のか!と今でも思うのですが、その一方で、現場の有能な人がいかに凄いかを
日々体感していました。その人たちのように優秀な人ならきっとこの仕事はキ
ツく感じないのだろうと、彼らを羨ましいなと思っていたのですが、この言葉
を聞き、そうではないと気付きました。

5)なんでその言葉が忘れられない言葉になったと思う?
それまでは、経験を積み、知識と能力が身についている人はカッコいいし、
私もそうなりたいと願う気持ちをもつ一方で、そういう人が日々どんな人生を
歩んでいるのかがさっぱりイメージできないでいました。しかし、この言葉を
聞いて、カッコいい人こそ時間とパワーと前進する努力を重ねているんだとい
うことがすっと腹落ちし、私もそうしたい、strideして生きていきたい、と強
く思ったからです。

6)その言葉を聞いた後、すぐに行動したことある?
まず、その言葉をスマホにメモしました(笑)。その気持ちを忘れないでいたい
し、自分に力がついてきた時に、改めてこの言葉を聞きたいと思ったからです。
インターンシップの時は、初日からずっと、新しく学ぶことは毎日メモをとり、
帰宅してから内容をまとめていました。そうすることで、自分自身の中で、
すっと理解ができたからです。

7)今、思い返すとどう思う?
今でも、よくインターンシップのことを思い出しますが、キツかったことより
も、本当に尊敬していたアムリットさんやカッコいい人たちのことを思い出す
ことが多いです。この言葉を見ると、彼らがいるだけでロビーの雰囲気が一変
したこと、その彼らがいつも向上心を持ち働いていたこと、そして自分がまだ
まだなことを痛感します。

8)これから、その言葉を胸にどんな人生を歩みたい?
大変な日々を乗り越えていく中でも、心のどこかで「楽をしたい」という気持
ちがでてきてしまいます。しかしこの言葉は、そんな私の中に、私の思うカッ
コいい人の像をしっかりと形作ってくれます。楽をするんではない、と目を覚
まさせてくれます。だから、この言葉を胸に、自分らしく泥臭く楽しくstride
して生きていきたいです。
-------------------------------------------------------------------------
私がパフの採用担当として、初めて岡崎さんに出会った時の彼女の印象は「ク
ールで何事もそつなくこなしそうな学生」でした。
「つきしま村塾」といって、「働く」というテーマについてパフ社員と学生で、
お酒を飲みながら語り合うというイベントで出会った時でした。
そういう方はパフに合わないな~と思いながらも、なぜか気にかかった私は「良
かったらパフの説明会に来てみたら?」と、無意識に動いていました。

今思うと、「つきしま村塾」イベントで「クール」なのに、「熱く」語る一面が
見え、相手の意見に対して純粋に疑問を持って質問する姿があったからだと思
います。(実際は「クール」ではなく、「冷めキャラ」だということが判明しま
した。詳細は入社後に直接本人にお尋ねくださいませ。)

また、パフに入社すると決めてから、内定者インターンシップとしてパフで働
く彼女からは、自分自身を前進させようとする努力が感じられ、社員に活力を
与えてくれるパワーがあります。


今回、岡崎さんに話を聞き、今の彼女を形作る「心のアツさ」はバリ島での
言葉からできていると気付きました。

次回以降もどうぞお楽しみに!

【パフ 採用ホームページ】
新卒:https://www.puff.co.jp/saiyo/
中途:https://www.puff.co.jp/carrer/index.html

【職サークルとは】
https://shokucircle.jp/about/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のメルマガは以上になります。
お忙しい中最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────
■発行・編集:株式会社パフ 石上 「人はなぜ働くのか」
※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。
※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう
お願いいたします。http://www.puff.co.jp/

     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-5214-8282

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール