自転車操業物語 プロフィール
バックナンバー一覧へ
 
  第51話    「病名は、『ぎっくり背中?』」    
2000年1月4日。

初詣直後の悪夢だった。

運び込まれたのは、金刀比羅宮から徒歩3分もかからないところにある
「虎ノ門病院」。

呼吸がまともに出来なかったボクは、きっとすぐにでも緊急手術室に運び込
まれるものと思っていたのだが…。


婦長さんっぽい看護婦が、ボクのところにやって来て病状を聞く。

「あなた、どうされましたか?」

かなり冷たい事務的な口調だ。

「どうされましたか」と聞かれても、こちらは背中が激痛で息をするのもまま
ならないのに、うまく喋ることができない。

「背・背中が痛くて息が…」と言いかけたら、

「え?なんですか?よく分かりませんね。行きたいのでは外科ですか、呼吸
器関係ですか?」

と、なにやら怒られてしまう。

ボクもさすがに切れてしまい、

「それを判断するのがアンタだろうが!こっちはすごい痛みで苦しいんだ!
早く医者のところに連れて行け!」

必死の形相での訴えが、多少は通じたのだろうか。

車椅子が用意され、それに乗せられて医師のところに連れて行かれた。

診察が終った後の医師の言葉。

「うーん。言うなれば『ぎっくり背中』ですな。何かの拍子に、背骨の周り
の筋を違えてしまったんでしょう。まー、2〜3日は動き回らないで、寝て
いてください」

ぎっくり背中?聞いたことないぞ!

(年明け早々災難だねー。…つづく)

 
<<  前のコラムへ 次のコラムへ  >>
 
バックナンバー一覧へ