自転車操業物語 プロフィール
バックナンバー一覧へ
 
  第03話    「情けない新しい年のスタート」    
1998年1月1日 。

ついにパフとしての新しい年が始まった。

ボクはこの日、長野にあるカミさんの実家に来ていた。

“初日の出”とともに起きて、長野の新鮮な空気を吸いながら、これから始まる会社の成功を祈願し、一年の計画を、じっくりと考えよう!  

なーんて、思っていた。

が!!

元日の朝、ボクは青ざめた顔でうんうん唸りながら布団の中に潜っていた。

31日に新宿駅で買って「あずさ号」の中で食べた「から揚げ弁当」にアタってしまったのだ。

結局、正月三が日、布団の中とトイレの往復だけで過ごすという、最悪の情けない一年のスタートを切ってしまったのだった。

ボクは、二日酔いで下痢は良くするものの、食アタりなんて、高校時代に下宿屋の集団食中毒に巻き込まれたことぐらい。

なので、この食中りは辛かった…。

まー、独立を思い立ってからの2ヶ月間は連日張り詰めた気持ちで過ごしており、その疲れが一気に出たのであろう。
世の中が休みのときの食アタりで、かえってラッキーだったのかもしれない。
仕事が始まってから、いきなり

  「いや〜、食アタりで3日間、休んじゃいまして〜へへへ…」

というのでは、あまりにも格好悪い。

ともあれ、1月4日にはすっかり体調も元にもどり、翌日からの正式なパフの仕事始めに備え、東京に戻ってくることができた。

1月4日(日)夜。

誰もいない、中央区新富町のビルで、ひとりパソコンに向かいながら、今後の事業計画を「イヒヒ」「フヒヒ」と、妄想を膨らませながら練り上げようとしているボクであった。

気がつけば、時計はもう、夜中の2時を回っていた。

「腹減ったっ!ローソンで、おでん でも買って食べよう。
                カミさん経費で落としてくれるかな…」

(ローソンおでん+おにぎり+缶ビール 約1000円の出費なり。つづく)
 
<<  前のコラムへ 次のコラムへ  >>
 
バックナンバー一覧へ