News

最新ニュース

メールマガジン

みんなの語り場‐パフ通信‐2013/03/25 Vol.14

更新日:2013.3.27

職サークル運営事務局 株式会社パフより皆様へ送るメッセージ


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓



           みんなの語り場‐パフ通信‐ 


                                  ■


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


※このメールは株式会社パフ及びマジックドラゴン株式会社のスタッフが


名刺交換させていただいた社会人のみなさんと、職サークルを通じて出会っ


た学生のみなさんへお送りしています。


─────────────────────── 2013/03/25 Vol.14──


 


みなさん、こんにちは。職サークル運営事務局の並木です。


 


もうすぐ4月。少しずつ春めいてきましたが、寒暖の差はまだありますね。


体調に気を付けていきたいものです。


 


先日、とある若手社会人のブログを読みました。


就職活動時、何が何でも「良い会社」に入りたいがために、無理に志望動機を


作りこみ、内定を得て入社したそうです。しかし入社後は、会社の社風・業務


内容についていけず、退職することになった経緯が書かれていました。


 


就職活動のゴールは、内定ではなく、入社した先にあると思います。


 


是非、今一度、入社した後に気持ち良く働けそうかどうかを、企業との相性を


含めてイメージできるか、チェックしてみてほしいなと感じました。


 


では、本日のメルマガもいってみましょう!


 


 


■□■ CONTENTS ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 


【Ⅰ】僕の就職活動    :パフ内定者・溝渕による、人より2年以上


              長い(?!)就職活動の振り返りコラムです


──────────────────────────────────


【Ⅱ】採用ってなんだろう :代表の釘崎とパフスタッフが交替で、採用に


              関わる方へのメッセージをお伝えします


──────────────────────────────────


【Ⅲ】Have a frank talk  :みなさんに共通のテーマでお題を出させて


   ~腹わって話そう~  いただきます。立場を超えた議論の場として


              是非、ご参加ください


──────────────────────────────────


【Ⅳ】職サークルの今   :運営事務局からお伝えしたい職サークルの今


              をご紹介します


──────────────────────────────────


【Ⅴ】編集長のつぶやき  :編集長の大野が「はたらく」を通じて感じ


              たことをつぶやきます


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        


 


                       【Ⅰ】僕の就職活動


 


 


こんにちは!パフ内定者の溝渕純平と申します。


このコーナーでは、僕がどのような就職活動をして、なぜパフという会社に


入ることを決めたのか、皆さんに、余すことなく伝えていこうと思います。


僕の就職活動は、決して順調に進んだわけではありませんが、紆余曲折が多


かったぶん、伝えられることもまた多く、納得して就職先を決めることがで


きたという点で、成功であったと自負しています。


 


☆新メルマガバックナンバーはこちら http://www.puff.co.jp/mailmagazine/


★旧メルマガバックナンバーはこちら http://puff.weblogs.jp/message04/


 


第24回の今日は、ある広告代理店のイベントで面談した営業マンに心惹かれて


いた僕のお話です。(※イベントの概要は、前回のコラムを参照してください)


 


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


 


その人とは、2回目の会社訪問のときに出会った。面談の形式や内容は社員の


方によって違っていたが、そのときは学生が2人だけだったこともあり、僕ら


の学生生活や就職活動についてもかなり突っ込んだことを聞かれた。


 


練習がてら軽く自己PRもして、それに対するアドバイスももらったのだが、


「2人ともかなり良かったけど、溝渕くんは特にいいね。面白い」と言ってく


れた。


 


何とも嬉しいお言葉だ。しかも3回目に別の社員の方を訪ねた際に、偶然エレ


ベーターが一緒になり、ちゃんと僕のことを覚えてくれていた。どうやらその


人は、その日僕が訪ねた社員の方の親しい先輩らしかった。


 


後輩社員の方に「俺が会った学生の中では彼が一番良かったから、仕事の楽し


さ、ちゃんと伝えてくれよ!」と言うと、僕にニコッと笑いかけてその場を後


にした。


 


「惚れてまうやろっ!!」


僕は心の中で思いっきり叫んでいた。


 


これまで全く成功体験のなかった僕にとって、それはこれ以上ない歓喜の瞬間


だった。この2年、就職活動でも大学院入試でも、落ちる経験しかしていない。


そしてその度に、自分という人間そのものを全て否定された様な気になってい


た。学校の就職課の先生にいくら褒められても、どこか実感がわかなかったが、


初めて社会人に自分の価値を認められた気がした。


 


「この会社こそ、俺の運命の会社に違いない!」


その日は家に帰っても興奮が冷めることはなかった。


 


ただ、この会社で働きたいと強く思う一方で、広告業界に何が何でもこだわる


という気持ちは薄れてきていた。同業他社の社員の方と話してみて、「なんか


違うなぁ」と思うことが少なくなかったのだ。


 


様々なイベントに参加し、たくさんの社会人や学生と話してみて、自分の中で


会社選びの軸は明確になってきた。しかし逆に、志望業界については振り出し


に戻ったような感覚があった。


 


僕の就職活動は、大きな転換期を迎えようとしていた。


 


 


 ⇒次回、僕の就職活動に訪れる新たな展開とは!


 


 


‥‥【執筆者紹介】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


溝渕 純平(みぞぶち じゅんぺい)。香川県出身。大学受験で1年浪人し、


筑波大学人間学群心理学類に入学。2年の休学を経て、右往左往しながらも


最後は納得して自分の進路を見出す。つい最近、なんとかギリギリで卒業で


きることが決まり、4月から晴れて株式会社パフに新卒入社する予定。プラ


イベートではバレーボールと自動車をこよなく愛する。超甘党。愛車はST


202丸目4灯セリカ。セリカ、愛してるよセリカ。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


────────────────────────────────── 


 


           【Ⅱ 採用ってなんだろう】 


 


こんにちは。マジックドラゴン株式会社の田代です。一ヶ月に一回のペースで


コラムを書かせていただくことになりました。日々の仕事現場で感じたことを


書きます。宜しくお願い致します。


 


☆☆☆


 


今日は「3月」の話をします。


 


■ 採用・教育の現場で「3月」と言えば…


 


花粉もすこぶる飛ぶ季節がやってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


3月は、出会いや別れの季節ですが、殊に採用という現場にいても、感情が動


きやすい季節だなと思っています。


 


採用担当者の方々は、採用活動のピークを迎えています。学生も必死ですが、


採用する側も必死。一日中、面接をしたり、全国を飛び回ったり…採用担当と


いうお仕事は、本当に体力勝負だなと敬服しています。


 


そんな超多忙の最中、4月1日は、内定者の皆様が、晴れて新入社員となり、


社会に旅立ちます。採用と教育を兼任している方は、採用活動をしながら、新


人の受け入れや、教育研修にも携わるなど…本当に大変なのですが、そんな多


忙にも関わらず、皆様、とても良い顔をしています。


 


■ それは、長い旅路の途中だった。


 


入社式。採用担当者様は、まるで我が子を見守るような目でいます。本当の意


味で「採用活動が終了したんだ」という安堵の気持ちになるようです。もっと


言えば、入社した新入社員が成長し、活躍して、初めて、採用活動の成果や充


実感を得られるといいます。


 


そんな現場にいると…採用活動は、本当に長い旅のようです。もはや「内定」


はゴールではないな、定点としては大事だけれども、きっかけに過ぎないのだ


な、と思わざるを得ません。


 


今、自分がしているアクションが、将来のどこに向かっているのか…少しでも


考えてみると、目の前の事で頭がいっぱいにならないアイスブレイクができる


のかもしれません。とかく、3月はそんなことを思わせてくれる季節です。


 


【執筆者 紹介】 田代明久 tashiro akihisa


──────────────────────────────────


 2005年新卒入社。大学時代はスポーツ新聞部に所属。メルマガ執筆や営業


 の仕事、セミナーの司会など、20代は何でも屋のごとく働き続けた。外見


 はクールなクセに中身は無駄に熱い。2012年、三十路男の苦闘は続く。


──────────────────────────────────


 


           【Ⅲ】Have a frank talk


             ~腹割って話そう~


 


             第7回目のお題はこちら


       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


          『採用の決め手は、ずばりこれだ!』  


       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 


 ■採用担当歴5年目の方より


 自社に合うかどうかです。とびきり優秀だと感じても、合わなければ内定は


 出しません。採用して終わりであればよいでしょうが…入社後に彼らが、い


 きいきと働き、活躍してくれることを目指し採用をしています。


 


 ■採用担当歴10年目の方より


 「覚悟ができているか、うちで働くイメージができてるか」に尽きます。就


 業経験がないので、完璧にイメージするのは難しいと思いますが、それでも


 覚悟をし、自分なりに働くイメージをしている学生ほど、私たちも一緒に働


 きたいと思いますね。 


 


 いかがでしょうか。次回発行の4月10日まで、今回のテーマに加え、学生


 の「会社決定の決め手」についても募集します。


 


 募集するテーマ


 『採用の決め手/会社決定の決め手は、ずばりこれだ!』


 


 ▼みなさん、以下宛先へご回答をお待ちしております。


  event16@puff.co.jp   


──────────────────────────────────    


 


                    【Ⅳ】職サークルの今  


 


 □ 就職活動アンケート実施中!質問を追加しました!


 就職活動をより良いものにしていくため、率直な声をお聞かせください。


 アンケート対象者は、就職活動中の学生です。


 ⇒ http://goo.gl/OVYcg


 


──────────────────────────────────


 


          【Ⅴ】編集長のつぶやき


 


「喜怒哀楽をもって働きたい人、募集!」昔のパフの採用キャッチコピーです。


この言葉に惹かれ、入社して4年。気づいたことは(誤解を恐れず言えば!)


つまらない仕事でも、そこにかける想い次第で、喜怒哀楽を生みだすことがで


きるということ。来月からはパフにも新人が入社します。喜怒哀楽をもって働


いているかい?と、自分になげかけていこう。そう感じた3月の終わりです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回の【みんなの語り場‐パフ通信‐】は以上です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 ──────────────────────────────────


■発行・編集:株式会社パフ 大野雅弥 http://www.puff.co.jp/


※メールの転送はご自由ですが、編集を施さず必ず原文を転送してください。


※配信停止をご希望の方は、本メールへのご返信でご連絡いただきますよう


 お願いいたします。


     ─────Copyright(C) Puff Co.,Ltd.─────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Contact us

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-3662-8011

受付時間9:00~18:00(土日祝祭日休み)

メールフォームでの
お問い合わせ・資料請求はこちら

メール